« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・国交省内の保育所、10月に開園 「裁判員」対応も積極的に(20090320) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 確定拠出年金・確定拠出年金のマッチング拠出導入、企業の59%が積極的(20090321) »

2009.03.22

【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・介護施設整備に補助、追加景気策の一環…政府・与党検討(20090321)

介護施設整備に補助、追加景気策の一環…政府・与党検討 2009/ 3/21 YOMIURI ONLINE

 政府・与党は、特別養護老人ホーム(特養)などの介護施設を新・増設する際に国が整備費を補助する方向で検討に入った。建設需要による雇用創出と、全国で約38万人に上るとされる特養の入所待機者減少が目的で、追加景気対策に盛り込む方針だ。
 具体的には、3年間の時限措置として数千億円規模の基金を創設し、都道府県の補助に上乗せする案が浮上しており、自民党社会保障制度調査会の介護委員会で制度設計を進める。
 特養の整備費は、従来国2分の1、都道府県4分の1の割合で補助してきたが、国と地方の税財政を見直す三位一体改革により、2006年度で国の補助が廃止された。現在は1床あたりの助成額を設定して独自に補助を続けている都道府県が多く、東京都の場合、1床あたり430万円を補助。整備が遅れている地域で新設した場合は、補助額を積み増している。
 しかし、特養の新設には1床あたり1000万円前後が必要とされ、補助額の低さが整備が進まない理由の一つと指摘されていた。
 制度設計にあたっては、特養だけでなくグループホームの施設整備にも適用する方向だ。介護分野の人材を育成するための施策も並行して検討する。
 【関連記事】「失業者の介護資格取得を支援 2009/ 3/ 6 YOMIURI ONLINE」 / 「介護・医療分野に人材呼び込め、企業や自治体が取り組み強化 2009/ 2/10 NIKKEI NET」 / 「2万6000人分の介護職の訓練、費用を国が負担へ 2009/ 1/16 asahi.com」 / 「40万人の雇用創出へ緊急対策 政府、介護・保育・環境で 2009/ 1/16 NIKKEI NET」 / 「雇用創出は医療・介護重点に…政府がニューディール計画 2009/ 1/ 1 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・国交省内の保育所、10月に開園 「裁判員」対応も積極的に(20090320) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 確定拠出年金・確定拠出年金のマッチング拠出導入、企業の59%が積極的(20090321) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/44424432

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・介護施設整備に補助、追加景気策の一環…政府・与党検討(20090321):

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・国交省内の保育所、10月に開園 「裁判員」対応も積極的に(20090320) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 確定拠出年金・確定拠出年金のマッチング拠出導入、企業の59%が積極的(20090321) »