« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・児童扶養手当の受給者、100万人超える(20090319) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 外国人労働問題・中国人研修生の残業代認定 会社に支払い命令(20090319) »

2009.03.19

【社労士】雇用保険法 > 失業給付・失業者の医療保険対策盛る 雇用保険法案の付帯決議(20090319)

失業者の医療保険対策盛る 雇用保険法案の付帯決議 2009/ 3/19 asahi.com

 非正社員への雇用保険の適用拡大を柱とした雇用保険関連法案が18日、衆院厚生労働委員会で全会一致で可決された。付帯決議には失業手当の支給対象の拡充のほか、失業した際に医療保険に未加入となる恐れが高いことから、「無保険」に陥らないための防止策や、新たな再就職支援の創設などを求めている。
 付帯決議では、雇用保険の網から漏れた人の再就職を支援する「求職者支援制度」(仮称)を早急に実施するほか、医療保険から抜け落ちる人を防ぐために「保険料の軽減の適切な運用や(制度の)周知徹底」など、6点の要求事項が盛り込まれた。
 特に野党側が問題視していたのは医療保険の扱いだ。
 サラリーマンは、健康保険組合や協会けんぽ(旧政府管掌健康保険)に加入するが、失業と同時に、保険料が労使折半ではなく、全額自己負担する「任意継続被保険者」になるか、同様に全額を自己負担する市町村の国民健康保険(国保)に切り替えないといけない。
 こうした失業者の負担を避けようと、野党側は、今国会に提出した「求職者支援法」の中で、失業後1~2年間は在職中と同じ保険料に据え置きする支援策を提案。同法は関連法案と同時採決はせず継続審議になったが、付帯決議で厚労省に課題解決を迫ることになった。
 こうした医療保険の問題点は、厚労省で医療保険を所管する保険局などは把握しているが、市町村の自主的な保険料減免措置に委ねているのが実情だ。一方、雇用問題を担当する職業安定局は「ハローワークには判断権限がなく、相談窓口を紹介するしかない」と消極的だ。
 この日開かれた政府の「厚生労働行政の在り方懇談会」も、最終報告のたたき台の中で「職業能力開発や生活の支援など多岐にわたる政策を、部局を超えた視野で進めるための統括機能が必要」と指摘している。
 【関連記事】「雇用保険法改正案、一部修正し可決 衆院厚労委 2009/ 3/18 NIKKEI NET」 / 「雇用保険 「加入半年」に短縮で合意 施行日は年度内に 2009/ 3/17 asahi.com」 / 「失業手当の条件緩和「3月31日解雇」救済 2009/ 3/16 YOMIURI ONLINE」 / 「失業手当てゼロの求職者に新給付制度 与野党が調整 2009/ 3/14 asahi.com」 / 「雇用保険法改正、3月末も対象に 厚労相が方針 2009/ 3/13 NIKKEI NET」 / 「与野党、雇用法案で修正協議入りで合意 2009/ 3/11 NIKKEI NET」 / 「雇用保険法、改正案審議入り 政府・与党が08年度内成立目指す 2009/ 3/10 NIKKEI NET」 / 「新たな雇用安全網、国会で論議へ 与党対策に民主独自案 2009/ 2/18 asahi.com」 / 「非正社員に適用拡大、雇用保険法改正案を閣議決定 2009/ 1/20 asahi.com」 / 「雇用保険の加入対象拡大、野党が法改正案を提出へ 2009/ 1/18 NIKKEI NET

|

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・児童扶養手当の受給者、100万人超える(20090319) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 外国人労働問題・中国人研修生の残業代認定 会社に支払い命令(20090319) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/44396324

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】雇用保険法 > 失業給付・失業者の医療保険対策盛る 雇用保険法案の付帯決議(20090319):

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・児童扶養手当の受給者、100万人超える(20090319) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 外国人労働問題・中国人研修生の残業代認定 会社に支払い命令(20090319) »