« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・レセプト電子化撤回求め、医師・歯科医783人追加提訴(20090318) | トップページ | 【社労士】労働基準法 > 労働問題・「名ばかり管理職」は管理職ではない…マック訴訟が和解(20090318) »

2009.03.19

【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・全国初の受動喫煙防止条例、成立へ 神奈川県(20090318)

全国初の受動喫煙防止条例、成立へ 神奈川県 2009/ 3/18 asahi.com

 神奈川県が全国初の成立を目指す「公共的施設における受動喫煙防止条例」案について、県議会厚生常任委員会は18日、修正合意案を全会一致で可決した。健康増進法で定める努力義務規定を超え、県が罰則を設けて実効性を担保したかたちで受動喫煙防止に乗り出すのが特徴。24日の本会議で成立する見込みだ。
 可決された案では、学校や病院、官公庁、公共交通機関など公共性の高い施設については、来年4月1日から室内空間は「禁煙」になり、違反者には罰則が科される。ただし、施設内に喫煙所を設けることは認められている。
 また、大規模なホテルや旅館、100平方メートルを超える飲食店などは「禁煙か分煙を選べる施設」とし、違反者に科す罰則を施行から1年後の11年4月1日から適用する。
 一方、100平方メートル以下の飲食店やパチンコ店、マージャン店、キャバレーなど風営法対象施設と、床面積の合計が700平方メートル以下の宿泊施設は、禁煙か分煙を努力義務とした。
 昨年4月発表の「禁煙条例」の段階では、不特定多数が行き交う公共的施設では全面禁煙だったが、たばこ業界などから反対が起きた。県は、県議会などとのやり取りで、一部施設で分煙も認めるなど譲歩を重ねた。条例案の提案後、罰則についても「3年延期」の動きが出たが、大規模な宿泊施設や飲食店に限り「1年延期」で合意した。
 松沢成文知事は「妥協にも見えるが、(県議会と県が)協力して作り上げた条例。県民の健康を守るための一歩を踏み出せた」と語った。
 【関連記事】「病院・交通機関など「全面禁煙とするべき」…厚労省が通知へ 2009/ 3/ 4 YOMIURI ONLINE」 / 「全面禁煙から大幅後退 神奈川県の受動喫煙防止条例素案 2009/ 1/14 asahi.com」 / 「全面禁煙道険し 「喫煙客失う」と飲食店懸念 2008/12/19 NIKKEI NET」 / 「日本人の喫煙率、08年は25.7%で最低更新 JT調査 2008/10/23 NIKKEI NET」 / 「喫煙率12年連続減26%…JT調査 女性は2年ぶり増 2007/10/18 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・レセプト電子化撤回求め、医師・歯科医783人追加提訴(20090318) | トップページ | 【社労士】労働基準法 > 労働問題・「名ばかり管理職」は管理職ではない…マック訴訟が和解(20090318) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/44396101

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・全国初の受動喫煙防止条例、成立へ 神奈川県(20090318):

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・レセプト電子化撤回求め、医師・歯科医783人追加提訴(20090318) | トップページ | 【社労士】労働基準法 > 労働問題・「名ばかり管理職」は管理職ではない…マック訴訟が和解(20090318) »