« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録の回復35% 07年度分、保険料納付立証に壁(20090312) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 確定拠出年金・401k運用商品の追加・除外も企業責任で 企業年金連合会(20090312) »

2009.03.12

【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉・日立・東芝、定昇維持へ(20090312)

日立・東芝、定昇維持へ 2009/ 3/12 NIKKEI NET

 今春の労使交渉で、日立製作所や東芝、三菱電機は定期昇給を維持する方向で調整に入った。経営側は月額4500円の賃金改善要求にはゼロ回答する方針だが、定昇を維持することで実質的な賃下げは回避する。業績の急速な悪化を受け、今春の交渉では定昇を維持できるかが最大の焦点になっていた。すでにトヨタ自動車は定昇実施の方針を固めている。それに続く電機大手の動きは他社の交渉に大きな影響を与えそうだ。
 定昇は年齢や勤続年数、資格などに基づき年を追って賃金が増える仕組み。定昇が凍結・減額されると生涯賃金が減り実質的な賃下げになる。減産に伴う賃金カットなどで社員の収入はすでに目減りしており、定昇見直しに踏み込めば現場の士気低下や労使関係の悪化につながりかねないと判断した。
 【関連記事】「電機各社労組、4500円要求 2009/ 2/20 NIKKEI NET」 / 「電機連合、賃上げ4500円要求 春季労使交渉で 2009/ 1/30 NIKKEI NET」 / 「電機、賃上げ4500円要求へ 09年春労使交渉、自動車も改善求める 2008/12/ 3 NIKKEI NET

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録の回復35% 07年度分、保険料納付立証に壁(20090312) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 確定拠出年金・401k運用商品の追加・除外も企業責任で 企業年金連合会(20090312) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/44320252

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉・日立・東芝、定昇維持へ(20090312):

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録の回復35% 07年度分、保険料納付立証に壁(20090312) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 確定拠出年金・401k運用商品の追加・除外も企業責任で 企業年金連合会(20090312) »