« 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・派遣・非正規に電話相談ホットライン 27日夜に全国5カ所で(20090227) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・障害者の解雇、1月は4割増370人に 厚労省調べ(20090228) »

2009.02.28

【社労士】国年法・厚年法 > 年金運用・年金運用マイナス、「4.1%」の難しさ鮮明に(20090228)

年金運用マイナス、「4.1%」の難しさ鮮明に 2009/ 2/28 NIKKEI NET

 公的年金の積立金の運用利回りが2年連続でマイナスに陥る見通しとなり、現行制度が前提とする「向こう約100年にわたり平均4.1%の利回りを確保」というハードルの高さが鮮明になった。経済情勢の悪化は少子化とダブルパンチになり、じわじわと年金財政をむしばむ。年金制度の安定には将来を担う世代の育成と成長戦略の両輪が欠かせない。
 現在、高齢者が受け取る年金の財源は主に3つある。1つ目が現役世代の払う保険料、2つ目は国庫負担、3番目が運用しつつ徐々に取り崩す積立金だ。安定的に年金を給付できるかどうかは、積立金の運用を左右する経済情勢と、支え手である現役層の厚さを決める出生率がカギを握る。
 【関連記事】「年金積立金、過去最大5兆円赤字…運用利回りマイナス6% 2009/ 2/27 YOMIURI ONLINE」 / 「企業年金の運用利回り、一段と悪化 08年4―11月マイナス16% 2009/ 1/ 4 NIKKEI NET」 / 「公的年金、上半期運用利回りマイナス3% 損失、最大の2.9兆円 2008/11/28 NIKKEI NET」 / 「年金運用、株価下落や円高で4兆円の赤字…7~9月期 2008/11/28 YOMIURI ONLINE」 / 「公的年金運用利回り、4―6月は1.41% 4四半期ぶりプラス  2008/ 8/29 NIKKEI NET」 / 「企業年金、利回りマイナス7% 7-9月 国内株の急落響く 2008/10/ 5 NIKKEI NET」 / 「企業年金の運用利回り、07年度はマイナス10%超 2008/ 9/15 NIKKEI NET」 / 「生保の団体年金運用利回り、平均マイナス14%超・07年度7社 2008/ 4/30 NIKKEI NET」 / 「株安、年金運用に打撃・07年度運用利回り、5年ぶりマイナスの公算 20008/ 4/ 1 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・派遣・非正規に電話相談ホットライン 27日夜に全国5カ所で(20090227) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・障害者の解雇、1月は4割増370人に 厚労省調べ(20090228) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/44204898

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 年金運用・年金運用マイナス、「4.1%」の難しさ鮮明に(20090228):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・派遣・非正規に電話相談ホットライン 27日夜に全国5カ所で(20090227) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・障害者の解雇、1月は4割増370人に 厚労省調べ(20090228) »