« 【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉・トヨタ製造系労組、2割強がベア見送り(20090219) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・年金は2020年代に破綻、国庫負担率引き上げなければ(20090219) »

2009.02.19

【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・新卒医師研修、実質1年に 厚労・文科両省が短縮案(20090219)

新卒医師研修、実質1年に 厚労・文科両省が短縮案 2009/ 2/19 asahi.com

 新卒医師に2年間義務づけられている臨床研修制度について、厚生労働省と文部科学省の合同検討会は18日、必修診療科を現行の7から5に減らし、実質1年に短縮できる案をまとめた。両省は省令改正など必要な手続きを行い、10年度実施を目指す。
 研修医を専門医として早期育成し、地方で深刻な医師不足の解消につなげる狙い。だが、医師の基本的な診療能力を高めようと始まった制度の趣旨をゆがめると民間病院団体などは批判する。
 同検討会がまとめた報告書では、必修は、内科(6カ月以上)と救急(3カ月以上)、地域医療(1カ月以上)の三つ。外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科の5科から2科を「選択必修」として研修する。その他は各病院の判断で弾力的にプログラムを作ることができる。
 現行では7科・部門が必修のため、今より少ない診療科で基本的な研修を終えることが可能になる。一方、各病院が現行と同様に多数科を回るコースを作ることは認める。
 また、報告書は、研修医が都市部に集中するのを避けるため、都道府県別や病院別に定員枠を設け、地域偏在を正す考えも示した。
 臨床研修制度は、医師の臓器別の専門性が高まった一方、患者の体全体を診る力が足りないとの指摘を受け、04年から導入。だが研修先として都市部の民間病院に人気が集まり、大学病院で研修する新卒医師は実施前の7割から半分以下に減少。この影響で大学医局が若手医師を各病院に派遣する余力を失い、地域の医師不足を招いた、と批判され、制度変更を求める声が高まっていた。
 【関連記事】「医師臨床研修、産科・小児科は選択必修 制度見直し最終案 2009/ 2/18 NIKKEI NET」 / 「医師の臨床研修を短縮 必修科を絞り込み 2009/ 2/ 2 asahi.com」 / 「医師臨床研修、早期に専門科目選択 厚労・文科省の制度見直し案 2009/ 1/31 NIKKEI NET」 / 「臨床研修、実質1年に短縮? 「経験不足する」と批判も 2009/ 1/22 asahi.com」 / 「臨床研修、後半1年は専門科…厚労・文科省が事実上増員案 2008/12/18 YOMIURI ONLINE」 / 「研修医278人 違法バイト…厚労省全国調査 2008/12/ 8 YOMIURI ONLINE」 / 「舛添厚労相、臨床研修期間「1年に短縮も検討を」  2008/10/16 NIKKEI NET」 / 「医師養成制度を見直し、年内に結論 臨床研修検討会 2008/ 9/ 9 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉・トヨタ製造系労組、2割強がベア見送り(20090219) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・年金は2020年代に破綻、国庫負担率引き上げなければ(20090219) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/44108547

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・新卒医師研修、実質1年に 厚労・文科両省が短縮案(20090219):

« 【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉・トヨタ製造系労組、2割強がベア見送り(20090219) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・年金は2020年代に破綻、国庫負担率引き上げなければ(20090219) »