« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・受給資格者2.5万人判明 宙に浮いた年金記録(20090217) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・省庁あっせんの天下り年内廃止、首相「政令を3月メドに制定」(20090218) »

2009.02.18

【社労士】社会一般常識 > 介護保険法・民主、介護報酬増を検討 最大で1割増 法案提出へ(20090217)

民主、介護報酬増を検討 最大で1割増 法案提出へ 2009/ 2/17 asahi.com

 介護職員の待遇改善に向けて、民主党は4月から介護報酬を大幅に引き上げるための特別法案の検討を始めた。政府が予定する3%増に一般財源から上乗せする形で最大1割の引き上げを目指し調整している。人手不足が叫ばれながら求職者が増えない不均衡を解消し、20万人程度の雇用創出を促す狙いもある。
 17日午前に開かれた同党の医療・介護改革作業チームで、藤村修「次の内閣」厚生労働相らの検討案が提出された。政府・与党が追加経済対策に向かう中で、福祉分野での内需拡大を掲げる民主党の雇用・景気対策の一環として取りまとめを急ぐ考えだ。
 対象は全事業所。政府案に7%上乗せして1割増とするのに必要な財源は年4200億円程度。当面は一般財源から投入し、保険料や利用料に跳ね返らないようにする。
 政府側が予定する4月からの3%増について、民主党は「過去2回の報酬改定で計4.9%引き下げられた分を事業所が吸収するだけで、職員の賃金アップにつながらない」と判断。事務作業が増える特定分野への加算ではなく、一律で大幅な底上げで確実な賃金アップにつなげたいとしている。1割増の場合、現在の職員1人あたり月4万円の賃金増を見込む。
 有効求人倍率が急激に落ち込むなか、介護サービスに雇用の受け皿として経済界などからも期待が集まる。しかし、厚労省によると、ホームヘルパーの平均賃金は月約24万円(男性)と全産業の約37万円(同)を大きく下回る。このため12月の有効求人倍率(季節調整値)も2.53倍と突出。特に東京で5.07倍、愛知4.08倍など都市部で人手不足が深刻だ。
 【関連記事】「認知症ケアや夜勤に手厚く 介護報酬改定、上積み40種 2008/12/27 asahi.com」 / 「生活不安解消へ手厚く、介護報酬引き上げ 財務省原案  2008/12/20 NIKKEI NET」 / 「介護職の報酬改善、基本方針を了承…社保審分科会 2008/12/12 YOMIURI ONLINE」 / 「介護職の給与増チェック、情報公表指針作成へ…厚労省 2008/12/ 4 YOMIURI ONLINE」 / 「夜勤や能力配慮、介護報酬手厚く 厚労省がたたき台 2008/12/ 3 asahi.com」 / 「介護報酬引き上げへ、資格・勤続年数などに応じ…厚労省 2008/11/28 YOMIURI ONLINE」 / 「介護報酬を3%引き上げ、プラス改定は初 2008/10/30 YOMIURI ONLINE」 / 「介護労働者の賃金、月2万円増へ 政府・与党が検討 2008/10/23 asahi.com」 / 「介護報酬上げると介護職給与上がる?…厚労省調査へ 2008/ 8/14 YOMIURI ONLINE」 / 「介護報酬引き上げを提言 厚労省研究会が中間報告案 2008/ 7/18 NIKKEI NET」 / 「介護労働者処遇改善法が成立 2008/ 5/21 NIKKEI NET

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・受給資格者2.5万人判明 宙に浮いた年金記録(20090217) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・省庁あっせんの天下り年内廃止、首相「政令を3月メドに制定」(20090218) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/44099383

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法・民主、介護報酬増を検討 最大で1割増 法案提出へ(20090217):

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・受給資格者2.5万人判明 宙に浮いた年金記録(20090217) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・省庁あっせんの天下り年内廃止、首相「政令を3月メドに制定」(20090218) »