« 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・生活保護世帯の増加傾向続く 08年10月時点、4%増114万超(20090119) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・車大手 「非正規」削減2万人超(20090119) »

2009.01.20

【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・内定取り消し、専修学校卒業予定者は232人 文科省発表(20090119)

内定取り消し、専修学校卒業予定者は232人 文科省発表 2009/ 1/19 NIKKEI NET

 文部科学省は19日、今春専修学校を卒業する予定の学生のうち、232人が企業の採用内定を取り消されたと発表した。6割に当たる140人が現在も就職活動中という。
 調査は1月5日時点で国公私立の3401校を対象に実施し、2990校が回答した。内定を取り消されたのは男子129人、女子103人。このうち83人は別の企業から内定を得たが、140人は就職活動を続けている。5人が進学、2人が留年を予定し、2人は不明という。
 内定取り消しに至っていないものの、内定を辞退するよう促された学生が42人いたほか、45人が採用時期の繰り下げを打診され、4人は自宅待機を求められた。
 【関連記事】「就職内定率が低下 大学生5年ぶり 高校生も6年ぶり 2009/ 1/16 asahi.com」 / 「高校生の内定取り消し186人 半数なお求職中 文科省 2009/ 1/16 asahi.com」 / 「内定取り消し、172社769人に…厚労省調査 2008/12/26 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・生活保護世帯の増加傾向続く 08年10月時点、4%増114万超(20090119) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・車大手 「非正規」削減2万人超(20090119) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/43797031

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・内定取り消し、専修学校卒業予定者は232人 文科省発表(20090119):

« 【社労士】社会一般常識 > 生活保護・生活保護世帯の増加傾向続く 08年10月時点、4%増114万超(20090119) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・車大手 「非正規」削減2万人超(20090119) »