« 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・風俗店グループ、消費税逃れ 従業員を「派遣」と偽る(20090126) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・「就職する会社で定年まで」7割(20090126) »

2009.01.26

【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・自民「社会保障番号」検討チーム設置へ…議論の加速狙う(20090126)

自民「社会保障番号」検討チーム設置へ…議論の加速狙う 2009/ 1/26 YOMIURI ONLINE

 自民党は個人の年金や医療、介護の負担と給付の記録などを一元的に管理する「社会保障番号」の導入を検討するため、2月にプロジェクトチーム(PT)を設置する。
 政府が目指す2011年度の導入に向けた議論を加速させるのが狙いで、将来の「納税者番号」導入も視野に入れている。
 社会保障に関する記録を情報技術(IT)を活用して管理することから、PTの名称は「IT行政改革PT」(仮称)とし、委員長には村上誠一郎・元行政改革相が就任する見通しだ。
 PTでは、先行導入している米国などの現状や問題点について、専門家からヒアリングを行う。11けたの番号「住民票コード」によって運用されている国内の住民基本台帳ネットワークの状況も検証し、社会保障番号に利用できないか検討する。米国やカナダでは、社会保障番号を個人の税務情報の把握に使う「納税者番号」としても活用しており、PTではこうした例を参考に検討する方針だ。
 社会保障番号は、安倍首相(当時)が07年6月、年金記録漏れ対策として導入を急ぐ考えを表明した。
 【関連記事】「「社会保障カード」一体化の利点強調…検討会中間報告案 2008/ 8/ 6 YOMIURI ONLINE」 / 「「社保カード」構想の報告書を大筋了承…厚労省検討会 2008/ 1/21 YOMIURI ONLINE
 【コメント】安倍政権後は「社会保障カード」として議論が進んでいたが、このカードも「カード番号」を「社会保障番号」として考えれば、発想は一緒。水面下で議論は進んでいるが、住基ネットと同様、プライバシーの観点から問題となる可能性高し。国民への十分な説明がまず必要となるであろう。

|

« 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・風俗店グループ、消費税逃れ 従業員を「派遣」と偽る(20090126) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・「就職する会社で定年まで」7割(20090126) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/43859757

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・自民「社会保障番号」検討チーム設置へ…議論の加速狙う(20090126):

« 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・風俗店グループ、消費税逃れ 従業員を「派遣」と偽る(20090126) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・「就職する会社で定年まで」7割(20090126) »