« 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・熊本県、臨時職員削減の方針を再検討 知事「忍びない」(20090120) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・人材派遣協会、規制強化に反対 セーフティーネット求める(20090120) »

2009.01.21

【社労士】雇用保険法(法改正) > 失業給付・非正社員に適用拡大、雇用保険法改正案を閣議決定(20090120)

非正社員に適用拡大、雇用保険法改正案を閣議決定 2009/ 1/20 asahi.com

 政府は20日、雇用保険の非正社員への適用拡大や失業手当の給付拡充を柱とした雇用保険法改正案などを閣議決定し、国会に提出した。家計の負担軽減のため、09年度限りで雇用保険料率を1.2%(労使折半)から0.8%に引き下げることも盛り込まれた。施行は一部を除いて4月1日。
 改正案などでは、派遣社員ら非正社員の雇用保険の加入要件を、現行の「週20時間以上、1年以上の雇用見込み」から「週20時間以上、6カ月以上」に緩和。これで雇用保険に未加入の労働者約1千万人のうち、約150万人が新たに加入できると推計されている。
 失業手当を受け取るのに必要な保険加入期間も、雇い止めされた非正社員について、現行では自己都合退職者と同じ「直前2年のうち12カ月」が必要なのを、解雇の場合と同じ「直前1年のうち6カ月」に緩和する。
 舛添厚生労働相は20日の閣議後の記者会見で、手当支給の要件を6カ月としたことについて、「(支給要件が短すぎると)ぱっと辞めて雇用保険をもらって、ということになり、バランスを考えないといけない。6カ月が一番いい線」と語った。
 改正案はさらに、解雇や雇い止めで仕事を失った人のうち再就職が困難な人に、失業手当の給付を60日間延ばす。3年間の暫定措置で、失業手当の給付期間が比較的短い45歳未満の人や、雇用情勢が特に悪い地域の人が対象。
 雇用保険料率が下がることで、月給40万円の世帯だと保険料は月2400円から1600円になり、年間で9600円の負担減になる。
 【関連記事】「雇用保険の加入対象拡大、野党が法改正案を提出へ 2009/ 1/18 NIKKEI NET」 / 「雇用保険の制度改革、適用拡大148万人どまり 厚労省推計 2009/ 1/15 NIKKEI NET」 / 「雇用保険の加入条件、1年から6か月に緩和…労政審報告書 2008/12/25 YOMIURI ONLINE」 / 「厚労省、雇用保険加入「6カ月以上雇用見込み」 見直し案提示  2008/12/ 5 NIKKEI NET」 / 「「非正規切り」の失業手当、正社員と同等に 厚労省方針 2008/12/ 5 asahi.com」 / 「雇用保険法改正案要綱を了承 雇用保険料率0.4ポイント下げ 2009/ 1/ 8 NIKKEI NET」 / 「労政審部会、雇用保険料率の引き下げ了承 2008/12/25 NIKKEI NET」 / 「雇用保険料率、来年度に限り0・8%へ引き下げ容認…厚労省 2008/12/17 YOMIURI ONLINE」 / 「雇用保険料率下げ、年内に結論 労政審 2008/11/11 NIKKEI NET」 / 「雇用保険料率0.8%に 厚労省が提示 追加経済対策に明記へ 2008/10/29 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・熊本県、臨時職員削減の方針を再検討 知事「忍びない」(20090120) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・人材派遣協会、規制強化に反対 セーフティーネット求める(20090120) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/43806393

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】雇用保険法(法改正) > 失業給付・非正社員に適用拡大、雇用保険法改正案を閣議決定(20090120):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・熊本県、臨時職員削減の方針を再検討 知事「忍びない」(20090120) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・人材派遣協会、規制強化に反対 セーフティーネット求める(20090120) »