« 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・日本医師会、社会保障抑制方針の撤回を改めて要求(20081217) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・野党の雇用対策法案、18日参院委可決へ…与党は退席方針(20081218) »

2008.12.19

【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・臨床研修、後半1年は専門科…厚労・文科省が事実上増員案(20081218)

臨床研修、後半1年は専門科…厚労・文科省が事実上増員案 2008/12/18 YOMIURI ONLINE

 医師不足を加速させたとされる臨床研修制度について、厚生労働省と文部科学省は17日、現在2年間の研修期間のうち後半の1年間を、将来専門とする診療科に特化させることで、医師不足に対応するとした見直し案を、両省が設置した合同の専門家検討会に提示した。
 また、研修先の選択に国が一定の制限を設ける内容も盛り込んでいる。
 検討会は今年度内にも結論を出す見通しで、両省はそれをもとに、早ければ2010年度からの制度見直しを目指したい考え。
 見直し案では、臨床研修の必修科目を、内科や救急などの基本となる診療科としたうえで、期間を1年間に短縮するとした。その後の1年間を、将来専門とする診療科で研修させることにし、事実上、働き手を増やすことにした。
 また、医師の地域偏在については、研修医の募集定員に地域別の上限を設けたり、地域医療の臨床研修を一定期間必修化したりすることで対応することにしている。医師不足の診療科を選択する研修医を確保する仕組みも設ける。
 2004年度から導入された臨床研修制度は、新人医師に広い視野や総合的な診療能力を身につけさせるのが狙いで、大学卒業直後の新人医師が2年間、内科や小児科など7診療科で臨床経験することが必修化された。
 しかし、研修先が自由に選べるようになったため、出身大学ではなく都市部の有力病院を選ぶ新人医師が増え、大学医局が人手不足に陥った。
 【関連記事】「研修医278人 違法バイト…厚労省全国調査 2008/12/ 8 YOMIURI ONLINE」 / 「舛添厚労相、臨床研修期間「1年に短縮も検討を」  2008/10/16 NIKKEI NET」 / 「医師養成制度を見直し、年内に結論 臨床研修検討会 2008/ 9/ 9 NIKKEI NET」 / 「医師不足解消を…厚労・文科省、検討会で養成制度見直しへ 2008/ 8/24 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・日本医師会、社会保障抑制方針の撤回を改めて要求(20081217) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・野党の雇用対策法案、18日参院委可決へ…与党は退席方針(20081218) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/43452702

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・臨床研修、後半1年は専門科…厚労・文科省が事実上増員案(20081218):

« 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・日本医師会、社会保障抑制方針の撤回を改めて要求(20081217) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・野党の雇用対策法案、18日参院委可決へ…与党は退席方針(20081218) »