« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金改ざん問題で再調査を示唆 厚労相(20081202) | トップページ | 【社労士】雇用保険法 > 雇用三事業・雇用・能力開発機構、職業訓練に特化で存続 厚労省案(20081202) »

2008.12.03

【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録、54万4000件で訂正処理遅れ(20081202)

年金記録、54万4000件で訂正処理遅れ 2008/12/ 2 NIKKEI NET

 主に60歳以上の年金受給者が記録の訂正を申請した後も処理されないままになっている事例が8月末時点で54万4000件あることが2日わかった。社会保険庁に訂正申請が殺到し、事務作業が滞っているのが主因で7月末の42万件から3割増えた。8月の申請受付件数は15万件で、実際に訂正に応じたのは2万6000件にとどまった。
 【関連記事】「年金記録の訂正処理遅れ42万件 7月末時点、社保庁に申請殺到 2008/10/29 NIKKEI NET」 / 「ねんきん特別便:記録の訂正難航 「漏れ」の確認26% 2008/ 9/ 4 毎日jp

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金改ざん問題で再調査を示唆 厚労相(20081202) | トップページ | 【社労士】雇用保険法 > 雇用三事業・雇用・能力開発機構、職業訓練に特化で存続 厚労省案(20081202) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/43305429

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録、54万4000件で訂正処理遅れ(20081202):

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金改ざん問題で再調査を示唆 厚労相(20081202) | トップページ | 【社労士】雇用保険法 > 雇用三事業・雇用・能力開発機構、職業訓練に特化で存続 厚労省案(20081202) »