« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・中小の雇用促進へ140億円基金 中小企業庁(20081225) | トップページ | 【社労士】雇用保険法 > 育児休業・育休中の給付金、現役時の5割前倒し支給 厚労省方針(20081225) »

2008.12.26

【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・地方公務員289万人、過去最少 分限処分は最多(20081225)

地方公務員289万人、過去最少 分限処分は最多 2008/12/25 asahi.com

 総務省は25日、4月1日現在の地方公務員は289万9378人で、調査を始めた75年以来最少となったと発表した。部門別では一般行政(前年比2.7%減)、教育(1.6%減)などで減る一方、警察(0.4%増)と消防(0.1%増)は増えた。
 同省は同日、07年度の地方公務員の処分状況も発表。勤務実績が悪いといった理由で分限処分となった職員は、前年度より840人多い2万2686人で過去最多。このうち「心身の故障」が97%を占めた。
 【関連記事】「地方公務員、純減最大に  2008/11/ 1 NIKKEI NET」 / 「市区町村、2010年に職員8%純減 2006/ 4/27 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・中小の雇用促進へ140億円基金 中小企業庁(20081225) | トップページ | 【社労士】雇用保険法 > 育児休業・育休中の給付金、現役時の5割前倒し支給 厚労省方針(20081225) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/43537333

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・地方公務員289万人、過去最少 分限処分は最多(20081225):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・中小の雇用促進へ140億円基金 中小企業庁(20081225) | トップページ | 【社労士】雇用保険法 > 育児休業・育休中の給付金、現役時の5割前倒し支給 厚労省方針(20081225) »