« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・企業への派遣制限緩和、官民の人事交流拡大へ…人事院(20081225) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・派遣労働者 より厳しく(20081225) »

2008.12.26

【社労士】雇用保険法 > 失業給付・雇用保険の加入条件、1年から6か月に緩和…労政審報告書(20081225)

雇用保険の加入条件、1年から6か月に緩和…労政審報告書 2008/12/25 YOMIURI ONLINE

 厚生労働相の諮問機関「労働政策審議会」の雇用保険部会は25日午前、厚生労働省内で会合を開き、雇用保険制度の見直しに関する報告書をまとめた。
 非正規労働者を中心とした雇用状況の急激な悪化に対応するため、雇用保険の加入条件緩和などを盛り込んだ。
 厚労省は報告書を受けて、来年1月の通常国会に雇用保険法改正案を提出する方針だ。
 報告書では、雇用保険の加入条件となる「雇用見込み期間」を、現行の「1年以上」から「6か月以上」に緩和した。
 受給要件については、現在は倒産や解雇による離職者に限り、雇用保険に6か月加入していれば、失業給付が受けられるとしている規定を改め、希望に反して契約が更新されなかった非正規労働者も対象に加えることにした。
 さらに、特に雇用情勢の厳しい地域や年齢などの理由で再就職が困難な失業者には暫定措置として、失業給付の受給期間を60日延長するとした。一方、国民の負担軽減の観点から、2009年度に限り雇用保険料率を現行の1・2%から0・8%まで引き下げるとした。
 同審議会は急速な景気悪化を受けて、政府が打ち出した雇用対策の内容を検討する形で、今年11月から議論を進めていた。
 【関連記事】「厚労省、雇用保険加入「6カ月以上雇用見込み」 見直し案提示  2008/12/ 5 NIKKEI NET」 / 「失業給付60日加算 厚労省、非正規雇用に安全網 2008/12/ 5 NIKKEI NET」 / 「「非正規切り」の失業手当、正社員と同等に 厚労省方針 2008/12/ 5 asahi.com」 / 「追加の雇用対策、内定取り消しや派遣打ち切り対策が柱に 2008/12/ 3 YOMIURI ONLINE」 / 「失業給付の受給者、1年4カ月ぶり増加 雇用悪化が鮮明に  2008/11/14 NIKKEI NET」 / 「140万人雇用創出めざす 与党が追加対策、2兆円規模 2008/12/ 5 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・企業への派遣制限緩和、官民の人事交流拡大へ…人事院(20081225) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・派遣労働者 より厳しく(20081225) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/43537614

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】雇用保険法 > 失業給付・雇用保険の加入条件、1年から6か月に緩和…労政審報告書(20081225):

« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・企業への派遣制限緩和、官民の人事交流拡大へ…人事院(20081225) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・派遣労働者 より厳しく(20081225) »