« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・都市部の若者を農村に 「地域おこし協力隊」創設 総務相発表(20081219) | トップページ | 【社労士】労働者基準法 > 労働時間・「月80時間残業しないと減給」店員過労死、両親提訴へ(20081219) »

2008.12.19

【社労士】労働基準法 > 解雇・いすゞの期間従業員、解雇通告で審尋(20081219)

いすゞの期間従業員、解雇通告で審尋 2008/12/19 NIKKEI NET

 減産を理由とした解雇通告は不当として、いすゞ自動車栃木工場(栃木県大平町)で働く松本浩利さん(46)ら期間従業員2人が解雇撤回を求めた仮処分申請で、双方の主張を聞く第1回の審尋が19日、宇都宮地裁栃木支部(橋本英史裁判官)で開かれた。
 審尋は非公開。終了後取材に応じた従業員側によると、従業員側は「契約期間中の解雇は従業員を路頭に迷わせるもので、無効であることは明白。職場を放り出されると生きていけない」と主張し、26日に迫った解雇の撤回を訴えた。
 いすゞ側は答弁書で「減産で先の見えない経営環境にある」として申し立ての却下を求めた。
 裁判所は、従業員側に生活環境、会社側には収益について具体的に主張するよう求め、来年2月9日に第2回を開くと決めた。
 いすゞ自動車は栃木工場と藤沢工場(神奈川県藤沢市)の派遣社員と期間従業員の計約1400人を全員解雇する方針。
 【関連記事】「「解雇予告無効」いすゞ藤沢工場非正規従業員申し立てへ 2008/12/ 8 asahi.com」 / 「いすゞ期間従業員 解雇予告停止求める 2008/12/ 5 YOMIURI ONLINE」 / 「期間従業員ら4人が労組結成 いすゞ栃木工場 2008/12/ 4 asahi.com」 / 「「解雇無効」申し立てへ いすゞ期間従業員ら 2008/12/ 1 asahi.com」 / 「いすゞが工場の非正社員を全員解約 年内1400人 2008/11/19 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・都市部の若者を農村に 「地域おこし協力隊」創設 総務相発表(20081219) | トップページ | 【社労士】労働者基準法 > 労働時間・「月80時間残業しないと減給」店員過労死、両親提訴へ(20081219) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/43465743

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働基準法 > 解雇・いすゞの期間従業員、解雇通告で審尋(20081219):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・都市部の若者を農村に 「地域おこし協力隊」創設 総務相発表(20081219) | トップページ | 【社労士】労働者基準法 > 労働時間・「月80時間残業しないと減給」店員過労死、両親提訴へ(20081219) »