« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・首相、渋谷のハローワークを視察(20081219) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・失職し住居もなくした人に融資 労金が22日から(20081219) »

2008.12.19

【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・全面禁煙道険し 「喫煙客失う」と飲食店懸念(20081219)

全面禁煙道険し 「喫煙客失う」と飲食店懸念 2008/12/19 NIKKEI NET

 飲食店などの施設で、他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙を防ぐ取り組みが揺れている。全面禁煙を打ち出す店が徐々に増えているが、多くは喫煙客を失う懸念から二の足を踏む。構造上、仕切りなどが難しい小規模店は分煙にも消極的だ。不特定多数の人が集まる施設で喫煙を禁止する神奈川県の条例も反発が強く、後退を余儀なくされている。
 「禁煙ですけど大丈夫ですか」。JR横浜駅前の居酒屋「ありあ」。店主の鈴木てるみさんは初めて来る客に必ず声を掛ける。7月、33年間続けてきたお好み焼き店を居酒屋にリニューアルしたのを機に「煙に邪魔されずにお酒を飲める店がない」と禁煙に踏み切った。
   【関連記事】「日本人の喫煙率、08年は25.7%で最低更新 JT調査 2008/10/23 NIKKEI NET」 / 「喫煙率12年連続減26%…JT調査 女性は2年ぶり増 2007/10/18 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・首相、渋谷のハローワークを視察(20081219) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・失職し住居もなくした人に融資 労金が22日から(20081219) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/43466005

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・全面禁煙道険し 「喫煙客失う」と飲食店懸念(20081219):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・首相、渋谷のハローワークを視察(20081219) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・失職し住居もなくした人に融資 労金が22日から(20081219) »