« 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・日系人の離職者急増 リストラの標的に?(20081112) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 社会保険庁改革・「年金機構」設立委が初会合 組織の体質改善が課題(20081113) »

2008.11.13

【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定・上司のパワハラ、脳梗塞の原因に 東京高裁が労災認定(20081112)

上司のパワハラ、脳梗塞の原因に 東京高裁が労災認定 2008/11/12 NIKKEI NET

 過重な業務と上司のパワーハラスメントのストレスで脳梗塞(こうそく)を発症したとして、ヤマト運輸子会社の元社員(故人)の妻が国に労災認定を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は12日、原告側の請求を棄却した1審判決を取り消し、労災と認めて休業補償給付を命じた。
 判決理由で南敏文裁判長は「元社員を起立させたまま2時間にわたって叱責(しっせき)した」などとして上司のパワハラを批判。叱責が月に2回以上あり、発症1カ月前の残業が約80時間に及んだことと併せ、「肉体的疲労だけでなく心理的負担も重なり脳梗塞を発症した。会社の業務が原因といえる」と労災と認めた。
 判決によると、元社員は1994年4月、業務後の新入社員歓迎会で脳梗塞を発症。96年に労災申請し、認められないまま再審査中の2006年に死亡した。妻が労災認定を求め提訴したが、1審・東京地裁判決は「説教は上司の指導としての通常の範囲内」として請求を棄却した。
 【関連記事】「増えるパワハラ 2008/11/ 7 YOMIURI ONLINE」 / 「パワハラ相談多数…「職場のいじめ」調査 2008/ 2/12 YOMIURI ONLINE」 / 「職場のいじめ相談、8割が経験 産業カウンセラー調査 2007/12/16 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・日系人の離職者急増 リストラの標的に?(20081112) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 社会保険庁改革・「年金機構」設立委が初会合 組織の体質改善が課題(20081113) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/43098238

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定・上司のパワハラ、脳梗塞の原因に 東京高裁が労災認定(20081112):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・日系人の離職者急増 リストラの標的に?(20081112) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 社会保険庁改革・「年金機構」設立委が初会合 組織の体質改善が課題(20081113) »