« 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・社会保障拡充へ消費増税 年金、保険料方式で3.3%(20081101) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・代理出産女児が日本入国 インドから祖母と(20081102) »

2008.11.03

【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・地方公務員、純減最大に(20081101)

地方公務員、純減最大に  2008/11/ 1 NIKKEI NET

 総務省は31日、今年4月1日時点の地方公務員数(警察・教職員含む)が前年比で過去最大の純減となったことを明らかにした。同日発表した速報値は約290万人で、前年に比べ約5万1000人減。純減は1995年以来、14年連続。ただ、純減には公立病院や公立大学などの独立行政法人化に伴い、職員が非公務員となった分も含まれている。
 【関連記事】「市区町村、2010年に職員8%純減 2006/ 4/27 NIKKEI NET

|

« 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・社会保障拡充へ消費増税 年金、保険料方式で3.3%(20081101) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・代理出産女児が日本入国 インドから祖母と(20081102) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/42992503

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・地方公務員、純減最大に(20081101):

« 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・社会保障拡充へ消費増税 年金、保険料方式で3.3%(20081101) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・代理出産女児が日本入国 インドから祖母と(20081102) »