« 【社労士】雇用保険法 > 失業給付・厚労相、雇用保険の国庫負担廃止に「絶対反対」(20081028) | トップページ | 【社労士】雇用保険法 > 失業給付・雇用保険料率0.8%に 厚労省が提示 追加経済対策に明記へ(20081029) »

2008.10.30

【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録の訂正処理遅れ42万件 7月末時点、社保庁に申請殺到(20081029)

年金記録の訂正処理遅れ42万件 7月末時点、社保庁に申請殺到 2008/10/29 NIKKEI NET

 主に60歳以上の年金受給者が記録の訂正を申請した後も処理されないままになっている事例が7月末で42万件にのぼることが分かった。社会保険庁に訂正申請が殺到し、事務作業が滞っているのが主因。社保庁は事務処理体制の増強を急ぐが、申請急増とのいたちごっこで、未処理件数はさらに増えそうだ。
 受給者の年金額を訂正する作業を「再裁定」と呼び、7月の受付件数は11万3000件。これに対して実際に再裁定したのは2万4000件にとどまる。この差が毎月未処理件数として積み上がっていき、7月末時点の未処理件数は1月末に比べ11倍にふくらんだ。
 【関連記事】「ねんきん特別便:記録の訂正難航 「漏れ」の確認26% 2008/ 9/ 4 毎日jp

|

« 【社労士】雇用保険法 > 失業給付・厚労相、雇用保険の国庫負担廃止に「絶対反対」(20081028) | トップページ | 【社労士】雇用保険法 > 失業給付・雇用保険料率0.8%に 厚労省が提示 追加経済対策に明記へ(20081029) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/42950248

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録の訂正処理遅れ42万件 7月末時点、社保庁に申請殺到(20081029):

« 【社労士】雇用保険法 > 失業給付・厚労相、雇用保険の国庫負担廃止に「絶対反対」(20081028) | トップページ | 【社労士】雇用保険法 > 失業給付・雇用保険料率0.8%に 厚労省が提示 追加経済対策に明記へ(20081029) »