« 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・介護労働者の賃金、月2万円増へ 政府・与党が検討(20081023) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・地方の雇用創出に2500億円新事業 厚労省検討(20081023) »

2008.10.24

【社労士】労働一般常識 > 障害者雇用促進法・障害者を初めて雇う中小企業に100万円 厚労省方針(20081023)

障害者を初めて雇う中小企業に100万円 厚労省方針 2008/10/23 asahi.com

 厚生労働省は22日、障害者を初めて雇った中小企業に、100万円の奨励金を出す制度を作る方針を固めた。政府が今月中にまとめる新総合経済対策に盛り込む意向だ。事業費は09年度予算で7億5千万円程度を見込む。大企業に比べて障害者雇用が遅れている中小企業の「最初の一歩」を後押しするのが狙いだ。
 奨励金の対象は、障害者を雇った経験のない、従業員56~300人の中小企業。
 中小企業の障害者雇用率は1.3~1.4%程度で、従業員1千人以上の大企業の1.74%に比べて低い。特に、法定雇用率(1.8%)未達成の中小企業の8割近くが、障害者を1人も雇っていない。
 また、企業が障害者を雇う目的でつくる「特例子会社」を新設し、障害者を新たに10人以上雇った場合、初年度は2千万円、2、3年目は各1千万円を助成する制度も作る方針。3年間の時限措置で、事業費は09年度予算で4億5千万円程度を見込んでいる。
 【関連記事】「障害者の積極採用 中小企業に促す 2008/ 3/ 7 YOMIURI ONLINE」 / 「障害者の就労、先進事例を紹介 2008/ 3/ 6 YOMIURI ONLINE」 / 「障害者就業支援を強化・雇用義務違反企業、罰金の対象拡大 2008/ 2/ 3 NIKKEI NET」 / 「障害者雇用未達の納付金、中小企業も段階適用 厚労省案 2007/11/28 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・介護労働者の賃金、月2万円増へ 政府・与党が検討(20081023) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・地方の雇用創出に2500億円新事業 厚労省検討(20081023) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/42887909

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 障害者雇用促進法・障害者を初めて雇う中小企業に100万円 厚労省方針(20081023):

« 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・介護労働者の賃金、月2万円増へ 政府・与党が検討(20081023) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・地方の雇用創出に2500億円新事業 厚労省検討(20081023) »