« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・社員旅行の効用見直し(20081022) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 若年労働者問題・ニート・フリーター 地方に支援窓口(20081022) »

2008.10.23

【社労士】労働一般常識 > 労働問題・うつ病発症で小児科医自殺、2審も病院側の過失否定(20081022)

うつ病発症で小児科医自殺、2審も病院側の過失否定 2008/10/22 YOMIURI ONLINE

 立正佼成会付属佼成病院(東京都中野区)の小児科に勤務していた中原利郎医師(当時44歳)が自殺したのは、過労によるうつ病が原因だとして、遺族が病院側に計約1億2000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁の鈴木健太裁判長は22日、請求を棄却した1審・東京地裁判決を支持し、遺族の控訴を棄却した。
 「業務は過重ではなかった」とした1審判決に対し、2審は「うつ病になったのは過重な業務が原因」と認めたが、「病院側が病気を予見することはできなかった」と病院の過失を否定した。
 中原医師の自殺を巡っては、遺族が労災認定を求めた行政訴訟で、同地裁の別の裁判長が昨年3月、労災と認定し、確定している。
 判決によると、中原医師は1999年1月、同病院の小児科部長代行に就任したが、同科の医師2人の退職に伴い、多い月には自ら8回の当直をこなした。その後、うつ病を発症し、同年8月、同病院の屋上から飛び降り自殺した。判決は、中原医師が業務を問題なく処理していたことから、「病院側がうつ病の発症に気付かなかったのも、やむを得ない」と判断した。

          ◇

 「過重な業務だと認めながら、病院に責任はないという判決は、私には理解できない」。中原医師の妻、のり子さん(52)は判決後、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見した。中原医師は、深刻な医師不足など小児医療の抱える問題を記した遺書を残した。その後、各地の病院で小児科や小児救急の休止が相次ぎ、自殺は「死をもって警鐘を鳴らした」と受け止められた。
 控訴審で原告側は、小児科医の過酷な勤務実態を明らかにするため、独自の調査を実施。「いつ急患が運ばれるか分からず、空き時間も休めない」といった現場の切実な訴えが寄せられ、結審までに集まった約140件の声を証拠として提出した。父の死後、同じ小児科医の道を選んだ長女の千葉智子さん(26)は会見で「子どもの未来を作るために頑張ってきた父の姿を見てきた。こんな医師がきちんと守られる社会になってほしい」と声を震わせた。

 【関連記事】「小児科医の過労自殺訴訟、厚労省が控訴断念 労災認定へ 2007/ 3/28 asahi.com」 / 「小児科医自殺、過労が原因の労災と認定 東京地裁 2007/ 3/14 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・社員旅行の効用見直し(20081022) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 若年労働者問題・ニート・フリーター 地方に支援窓口(20081022) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/42877525

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・うつ病発症で小児科医自殺、2審も病院側の過失否定(20081022):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・社員旅行の効用見直し(20081022) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 若年労働者問題・ニート・フリーター 地方に支援窓口(20081022) »