« 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・派遣・契約社員、人事制度を統合 第一生命、人材確保狙う(20081020) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・パソナ、大卒内定者向けに就職相談 景気停滞で悩み増える(20081021) »

2008.10.21

【社労士】雇用保険法 > 失業給付・日雇雇用保険の対象拡大、派遣の受給は1年で1人 周知不足か(20081021)

日雇雇用保険の対象拡大、派遣の受給は1年で1人 周知不足か 2008/10/21 NIKKEI NET

 「日雇雇用保険」の対象が派遣労働者にまで拡大されたにもかかわらず、昨年9月の運用変更後の1年間で受給した派遣労働者が1人にとどまっていることが20日、厚生労働省の調査で分かった。申請も4件止まりで、周知不足と手続きの煩雑さが原因とみられる。日雇い派遣労働者の生活安定のための運用変更が、セーフティーネットとして機能していない実態が浮き彫りとなった。
 「日雇雇用保険」は東京・山谷地区などで暮らし、毎日異なる雇用主の下で働く建設作業員などを対象に制定された。労働者はハローワークで日雇労働被保険者手帳(白手帳)の交付を受け、雇用主は手帳に雇用保険印紙を張って、その日就労したことを証明する。2カ月で合計26日間以上働けば、仕事がない日に最低4100円を受け取れる。
 【関連記事】「日雇い派遣に失業手当 厚労省、雇用保険初適用へ 2007/ 9/14 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・派遣・契約社員、人事制度を統合 第一生命、人材確保狙う(20081020) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・パソナ、大卒内定者向けに就職相談 景気停滞で悩み増える(20081021) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/42857452

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】雇用保険法 > 失業給付・日雇雇用保険の対象拡大、派遣の受給は1年で1人 周知不足か(20081021):

« 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・派遣・契約社員、人事制度を統合 第一生命、人材確保狙う(20081020) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・パソナ、大卒内定者向けに就職相談 景気停滞で悩み増える(20081021) »