« 【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金・利回りマイナス7% 7-9月 国内株の急落響く(20081005) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > がん対策基本法・がん拠点病院3割、「基準達成は困難」 本社調査(20081005) »

2008.10.05

【社労士】労働基準法 > 労働問題・長崎大が残業代不払い 過去2年間で7300万円(20081004)

長崎大が残業代不払い 過去2年間で7300万円 2008/10/ 4 asahi.com

 長崎大学(斎藤寛学長)が、付属小中学校や特別支援学校の教諭や付属病院の医師、看護師らに、十分な残業代を支払っていなかったとして、長崎労働基準監督署から是正勧告を受けた。長崎大は、付属学校教諭74人に計3900万円、付属病院職員に計2900万円、学部教員に計470万円の総額約7300万円を、10月の職員給与に上乗せして支払うことを検討。今月末に、改善策とともに労基署に報告する。
 長崎大などによると、今年5、6月に付属病院や事務局などに労基署の立ち入り検査があった。その結果、残業代を2年間さかのぼって支払うよう7月に是正勧告があった。
 勧告では、医師が勤務時間を超えて手術をしているのに超過勤務命令簿に記載がなかったり、病棟看護師の超過勤務命令簿と勤務時間報告書の記載内容が全く異なっていたりしたと指摘されたという。
 同大は、独立行政法人化した後の05年にも2度、是正勧告を受けている。斎藤学長は「再び勧告を受けたことを深刻に受け止めている。給与の是正、時間外労働の管理システムの検証など真摯(しんし)に対応していく」とコメントした。
 【コメント】繰り返しての残業代未払い。各労働者の労働時間がきちんと把握できていない状況が疑わしい。さらに別の問題が発覚しそう。

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金・利回りマイナス7% 7-9月 国内株の急落響く(20081005) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > がん対策基本法・がん拠点病院3割、「基準達成は困難」 本社調査(20081005) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/42695269

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働基準法 > 労働問題・長崎大が残業代不払い 過去2年間で7300万円(20081004):

« 【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金・利回りマイナス7% 7-9月 国内株の急落響く(20081005) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > がん対策基本法・がん拠点病院3割、「基準達成は困難」 本社調査(20081005) »