« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・医師を全国に計画配置、医療改革で読売新聞社提言(20081016) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金記録改ざん、社保庁が受給者2万人の戸別訪問開始(20081016) »

2008.10.16

【社労士】国年法・厚年法 > 厚生年金改ざん、16日から戸別訪問 社保庁(20081016)

厚生年金改ざん、16日から戸別訪問 社保庁 2008/10/16 NIKKEI NET

 厚生年金の算定基礎となる標準報酬月額の改ざん問題で、被害者救済がようやく動き出した。15日に舛添要一厚生労働相直属の調査委員会が内部告発を含む情報提供を求めるホットラインを開設。16日には社会保険庁が記録を改ざんされた疑いが強い65歳以上の約2万人の戸別訪問を始める。ただ、疑わしいところの調査を優先する厚労相と、調査対象拡大を求める民主党の主張の隔たりは大きい。
 「標準報酬遡及(そきゅう)訂正事案等に関する調査委員会」(委員長・野村修也中央大学法科大学院教授)が設けたホットラインは、調査員の弁護士に直接つながる。国民から幅広く改ざん情報を集めるのが狙いで、15日朝から電話は鳴りっぱなしだった。
 【関連記事】「年金記録改ざん:疑い144万件 来年度から注意喚起通知 2008/10/14 毎日jp」 / 「年金改ざん問題でホットライン開設 2008/10/14 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・医師を全国に計画配置、医療改革で読売新聞社提言(20081016) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金記録改ざん、社保庁が受給者2万人の戸別訪問開始(20081016) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/42804228

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 厚生年金改ざん、16日から戸別訪問 社保庁(20081016):

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・医師を全国に計画配置、医療改革で読売新聞社提言(20081016) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金記録改ざん、社保庁が受給者2万人の戸別訪問開始(20081016) »