« 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・厚労省が報告書 通訳、秘書など18業務に短期派遣認める(20080924) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療費・医療保険、4割以上が「見直したい」 民間調査(20080924) »

2008.09.25

【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・後期高齢者医療制度、見直しへ有識者懇 舛添氏方針(20080924)

後期高齢者医療制度、見直しへ有識者懇 舛添氏方針 2008/ 9/24 NIKKEI NET

 麻生太郎政権で厚生労働相への再任が確実となっている舛添要一氏は24日、75歳以上が対象の後期高齢者医療制度の見直しを検討する大臣直属の有識者懇談会を発足させる方針を固めた。厚労相への再任後に正式に表明し、25日にも初会合を開く見込み。後期高齢者医療制度を巡っては、舛添氏が代替制度を検討する意向を表明し、麻生氏も同意している。
 舛添氏はこれまでも医師不足対策などで有識者による「ビジョン懇談会」を立ち上げ、独自に政策立案を進めてきた。自ら表明した後期高齢者医療制度の見直しについても、同様の手法で議論をリードしたい考えだ。座長には塩川正十郎元財務相らが浮上している。
 舛添氏は同制度の見直しについて(1)年齢だけによる区分をやめる(2)年金からの保険料の天引きを強制しない(3)世代間の反目を助長しない――という三点に沿って、1年程度かけて議論する方針を示している。ただ次期衆院選をにらんだ突然の見直し表明には与党内でも不満がくすぶっている。
 【関連記事】「後期高齢者医療制度、自公が見直し合意 2008/ 9/23 NIKKEI NET」 / 「後期高齢者医療、麻生幹事長「抜本的に見直す」 2008/ 9/21 asahi.com」 / 「厚労相の高齢者医療見直し発言、根回し不足で与党に波紋 2008/ 9/21 YOMIURI ONLINE
 【コメント】一方で与謝野経済財政担当相は「制度の根幹まで揺るがすことが賢明かどうかについては、思慮深さが必要だ」と慎重な姿勢を示しているとのこと。与党内で制度見直しの合意には至っているものの、その見直しの内容については議論の余地大いにありといったところだ。

|

« 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・厚労省が報告書 通訳、秘書など18業務に短期派遣認める(20080924) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療費・医療保険、4割以上が「見直したい」 民間調査(20080924) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/42585939

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・後期高齢者医療制度、見直しへ有識者懇 舛添氏方針(20080924):

« 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・厚労省が報告書 通訳、秘書など18業務に短期派遣認める(20080924) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療費・医療保険、4割以上が「見直したい」 民間調査(20080924) »