« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・窓口負担3割の夫婦、1割負担に戻す 後期高齢者医療で厚労省(20080906) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 少子化対策・NTN、育児支援強化へ工場内に託児所(20080907) »

2008.09.07

【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定・マック店長が勤務中に死亡 遺族ら「過労死」と労災申請(20080906)

マック店長が勤務中に死亡 遺族ら「過労死」と労災申請 2008/ 9/ 6 asahi.com

 日本マクドナルドの横浜市内の店舗の女性店長(当時41)が昨年10月、勤務中にくも膜下出血で倒れ、死亡したのは過重労働が原因だとして、遺族らが5日、横浜南労働基準監督署に労災の申請をした。同社は「名ばかり店長」の長時間労働が指摘されてきたが、支援する労働組合・連合では「過労死が明らかになるのは初めて」という。
 連合などによると、女性店長は昨年10月16日夕、別の店舗で行われた新製品に関する講習中に突然、倒れた。救急車で病院に運ばれたが、3日後に亡くなった。亡くなる前の半年間の残業時間は、出勤に使っていた車の駐車記録などから推定すると、過労死ラインとされる1カ月80時間を超える月が3カ月あった。最長の7月には約120時間に及んでいたとみられる。
 女性は、昨年1月に店長に昇進。店長を含め正社員2人の体制で、月商1千万円を超える店の運営を任されていた。夏季は特に、近くである大規模イベントに向けたアルバイトの確保などに奔走していたという。
 だが、会社の勤務記録では、倒れた当日も「公休」と記録されるなど、ずさんな労働時間管理がされていた。女性の手帳には「上司から残業を35時間以内にするよう厳命」などと記されており、正確な残業時間を申請できない状況があったようだ。
 日本マクドナルドは「労災申請の事実を把握しておらず、コメントは差し控えたい」としている。
 【関連記事】「マック元店長 労災認定 2008/ 3/ 7 YOMIURI ONLINE」 / 「未払い残業代要求、マクドナルド元店長4人が会社を提訴 2008/ 3/21 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・窓口負担3割の夫婦、1割負担に戻す 後期高齢者医療で厚労省(20080906) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 少子化対策・NTN、育児支援強化へ工場内に託児所(20080907) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/42406054

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定・マック店長が勤務中に死亡 遺族ら「過労死」と労災申請(20080906):

« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・窓口負担3割の夫婦、1割負担に戻す 後期高齢者医療で厚労省(20080906) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 少子化対策・NTN、育児支援強化へ工場内に託児所(20080907) »