« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・新入社員意識調査、来春の新入社員、93%が携帯メールでコミュニケーション(20080820) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・日本医師会、幅広い能力持つ医師の認定制度 地域医療など担う(20080820) »

2008.08.21

【社労士】雇用保険法 > 雇用三事業・雇用能力機構の解体、9月下旬に結論 行革相(20080820)

雇用能力機構の解体、9月下旬に結論 行革相  2008/ 8/20 NIKKEI NET

 茂木敏充行政改革担当相は20日、政府の行政減量・効率化有識者会議座長である茂木友三郎キッコーマン会長と都内で会談し、厚生労働省所管の独立行政法人「雇用・能力開発機構」について、解体・廃止を軸とした改革案を検討する方針を確認した。有識者会議が9月下旬に案をまとめることでも一致した。
 行革相は会談後、記者団に「機構の持っている事業や施設を一つ一つ区分して在り方を考える。解体だ」と強調。9月3日の有識者会議に組織見直しの論点整理を提示する考えも示した。
 【関連記事】「雇用機構、9月に抜本見直し 行革相「解体・廃止軸に」 2008/ 8/17 NIKKEI NET」 / 「「雇用・能力開発機構」解体し、主要事業を廃止へ 2008/ 8/17 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・新入社員意識調査、来春の新入社員、93%が携帯メールでコミュニケーション(20080820) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・日本医師会、幅広い能力持つ医師の認定制度 地域医療など担う(20080820) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/42228055

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】雇用保険法 > 雇用三事業・雇用能力機構の解体、9月下旬に結論 行革相(20080820):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・新入社員意識調査、来春の新入社員、93%が携帯メールでコミュニケーション(20080820) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・日本医師会、幅広い能力持つ医師の認定制度 地域医療など担う(20080820) »