« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・09年度の医学部定員増へ、過去最大の8280人目標(20080805) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 厚生労働白書・重要な社会保障「老後の所得保障」72%で最多 厚生労働白書(20080805) »

2008.08.06

【社労士】労働一般常識 > 労働問題・最低賃金、時給平均700円超に引き上げへ(20080805)

最低賃金、時給平均700円超に引き上げへ 2008/ 8/ 5 asahi.com

 最低賃金の引き上げ額の目安を決める厚生労働省の中央最低賃金審議会小委員会は5日、全国平均で時給(現在は時給平均687円)を15円程度引き上げるとの目安を決めた。昨年度実績の14円を上回り、初めて時給700円超の水準となる。改正最低賃金法が7月に施行されたことをふまえ、最低賃金が生活保護の給付水準を下回る「逆転現象」がある12都道府県については、2~5年での解消を求めた。
 6日の審議会で正式決定し、舛添厚労相に答申する。
 目安は、都道府県をA~Dの4ランクに分け、東京や大阪など大都市部が中心のAは15円、埼玉や京都などのBは11円、北海道や宮城などのCは10円、青森や沖縄などのDでは7円とした。ただ、「逆転現象」がみられる12都道府県については、原則として2年以内の解消を求め、最長でも5年程度以内に引き上げるべきだと指摘。4ランクごとの目安と比較し、高い方を優先すべきだとした。
 各都道府県の審議会は、この目安をもとに検討し、10月から新しい最低賃金に引き上げる予定。
 今年度の審議では、(1)最低賃金の逆転現象の解消を目指した改正最低賃金法が7月に施行された(2)6月20日の「成長力底上げ戦略推進円卓会議」で政労使が最賃の中長期的な引き上げで合意した――ことをふまえ、労働側は50円程度の引き上げを求めた。これに対し、経営側は原油高などで経営が苦しく大幅な引き上げは困難と主張。協議は難航したが、最終的には昨年並みの水準となった。
 「逆転現象」のある都道府県と、2~5年で埋めるよう求めた、最低賃金と生活保護水準との差額は次の通り。北海道53円▽青森11円▽宮城20円▽秋田9円▽埼玉41円▽千葉16円▽東京80円▽神奈川89円▽京都33円▽大阪34円▽兵庫22円▽広島22円。
 【関連記事】「最低賃金審議 始まる 2008/ 7/23 YOMIURI ONLINE」 / 「今年の最低賃金「時給50円アップを」 連合・高木会長 2008/ 7/11 asahi.com」 / 「最低賃金上げ、労使の溝埋まらず 厚労省の中央審小委 2008/ 7/ 9 NIKKEI NET」 / 「中長期の最低賃金水準を議論 厚労省審議会で議論開始 2008/ 6/30 asahi.com」 / 「最低賃金引き上げ、労使「溝」埋まらず 円卓会議 2008/ 5/15 asahi.com」 / 「改正最低賃金法が成立 ワーキングプア解消狙う 2007/11/28 asahi.com
 【コメント】これで全国平均687円の最低賃金が、700円台に到達することは確実となりそう。問題となりそうなのは、前々から最低賃金引き上げに渋い顔を見せていた経営側。経営側の事情を配慮して、先送りとなったこともある最低賃金の引き上げだが、格差是正を求める声が強い中では引き上げが実施される可能性は高そう。

|

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・09年度の医学部定員増へ、過去最大の8280人目標(20080805) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 厚生労働白書・重要な社会保障「老後の所得保障」72%で最多 厚生労働白書(20080805) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/42079794

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・最低賃金、時給平均700円超に引き上げへ(20080805):

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・09年度の医学部定員増へ、過去最大の8280人目標(20080805) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 厚生労働白書・重要な社会保障「老後の所得保障」72%で最多 厚生労働白書(20080805) »