« 【社労士】社会一般常識 > 少子高齢化問題・75歳以上が1割超す 住基台帳人口調査(20080731) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制・遠隔医療、実証実験の実施を 総務・厚労省懇が中間とりまとめ(20080731) »

2008.08.01

【社労士】社会一般常識 > 少子高齢化問題・平均寿命(20080731)

平均寿命、男性79.19歳、女性は世界一85.99歳 2008/ 7/31 asahi.com

 日本人の07年の平均寿命は男性が79.19歳、女性が85.99歳で、前年をそれぞれ0.19歳、0.18歳上回り、過去最高となった。がん、心疾患、脳血管疾患の3大疾患による死亡率の低下が最も大きく寄与した。厚生労働省が31日発表した「簡易生命表」で分かった。
 厚労省が把握している海外の最新データによると、女性は23年連続世界で最も長寿で、香港85.4歳、フランス84.1歳と続く。男性はアイスランド79.4歳、香港79.3歳に続いて3位。
 日本人が3大疾患で死亡する確率は07年時点で、男性55.57%、女性53.02%。前年よりそれぞれ0.43ポイント、0.55ポイント下がった。3大疾患が克服された場合、平均寿命は男性が87.44歳、女性が93.11歳まで延びるという。
 【関連記事】「平均寿命、ともに過去最高・女性85.81歳、男性79.00歳 2007/ 7/26 NIKKEI NET

|

« 【社労士】社会一般常識 > 少子高齢化問題・75歳以上が1割超す 住基台帳人口調査(20080731) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制・遠隔医療、実証実験の実施を 総務・厚労省懇が中間とりまとめ(20080731) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/42027928

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 少子高齢化問題・平均寿命(20080731):

« 【社労士】社会一般常識 > 少子高齢化問題・75歳以上が1割超す 住基台帳人口調査(20080731) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制・遠隔医療、実証実験の実施を 総務・厚労省懇が中間とりまとめ(20080731) »