« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・口座振替変更で税軽減も 後期高齢者の保険料支払い(20080730) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医薬品・先端医薬品の実用化を支援 厚労省懇談会(20070731) »

2008.07.31

【社労士】労働一般常識 > ワーク・ライフ・バランス・「仕事と生活の調和」でアドバイザー、厚労省が資格新設へ(20080731)

「仕事と生活の調和」でアドバイザー、厚労省が資格新設へ 2008/ 7/31 YOMIURI ONLINE

 厚生労働省は、働く人の仕事と生活の調和を目指す「ワークライフバランス(WB)」の取り組みを企業に普及させるため、「仕事と生活の調和推進アドバイザー」と称する新たな民間資格を2009年度に新設する方針だ。
 民間指定機関で、WBの実現に必要な労務管理や経営手法などに関する専門知識の講習を受け、資格を取得する。資格要件や講習用カリキュラムを決めるため、年内に研究会を設ける予定。5年間で5000人を養成したい考えだ。
 厚労省は社会保険労務士や中小企業診断士らが資格を取得することを想定しており、「男女問わず、子育てしながら働き続けられる企業の人事制度や職場環境作りをアドバイスしてもらいたい」としている。取り組みが特に遅れているとされる中小企業を中心に、アドバイザーが出向くなどして経営者に助言することを期待している。
 アドバイザーの利用を促すため、企業が助言に基づいてWBに必要な育児休業取得や短時間労働推進などに関する行動計画を作成した場合、助成金を支給することも検討している。
 【関連記事】「「ワーク・ライフ・バランス」って?名前も内容も浸透せず 2008/ 7/24 YOMIURI ONLINE」 / 「仕事と生活の調和、わずかに改善 2008/ 3/26 asahi.com
 【コメント】まずは「ワーク・ライフ・バランス」という言葉を浸透させることは不可欠。資格を設けることで、少しは認知されるようになれば、今後の政策も進めやすくなるのであろうが。。

|

« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・口座振替変更で税軽減も 後期高齢者の保険料支払い(20080730) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医薬品・先端医薬品の実用化を支援 厚労省懇談会(20070731) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/42019142

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > ワーク・ライフ・バランス・「仕事と生活の調和」でアドバイザー、厚労省が資格新設へ(20080731):

« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・口座振替変更で税軽減も 後期高齢者の保険料支払い(20080730) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医薬品・先端医薬品の実用化を支援 厚労省懇談会(20070731) »