« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・後期高齢者の保険料納付、年金天引き・振替の選択可能に(20080718) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・消えた年金記録の審査受け付け1年、処理率まだ37%(20080718) »

2008.07.20

【社労士】労働一般常識 > 労働問題・介護報酬引き上げを提言 厚労省研究会が中間報告案(20080718)

介護報酬引き上げを提言 厚労省研究会が中間報告案 2008/ 7/18 NIKKEI NET

 厚生労働省の「介護労働者の確保・定着等に関する研究会」は18日、2009年度に予定する介護報酬の見直しについて引き上げを提言する内容の中間報告案をまとめた。高齢化に伴い介護サービスの需要は高まっており、介護労働者が安定して働ける環境づくりが急務と判断した。
 介護報酬の改定は3年に1度。09年度分は年末の予算編成時に最終的に決まるが、今後の見直し論議に影響を与える可能性がある。舛添要一厚生労働相はすでに引き上げを目指す意向を表明している。
 中間報告案によると、04年に約100万人だった介護職員は14年に140万―160万人に増えると予想。一方で、介護職員の離職率は全産業の平均に比べて高いという。報告案は「安定的に人材を確保し、専門職として処遇する観点を考慮して検討してほしい」として、介護報酬の引き上げを要望した。
 【関連記事】「介護労働者の離職率21・6%、前年度よりさらに上昇 2008/ 7/15 YOMIURI ONLINE」 / 「介護労働者処遇改善法が成立 2008/ 5/21 NIKKEI NET」 / 「介護人材確保法案を自民部会が了承 2008/ 4/23 NIKKEI NET」 / 「介護人材確保へ法案修正で合意・自民と民主、賃上げ額明記せず 2008/ 4/22 NIKKEI NET」 / 「介護労働者の確保探る、厚労省研究会が初会合 2008/ 4/18 NIKKEI NET」 / 「介護:報酬アップ求める要望書 厚労相に提出 2008/ 2/12 毎日jp」 / 「介護職員賃上げ 民主、衆院に法案提出 2008/ 1/ 9 asahi.com」 / 「福祉・介護の給与引き上げ、人材確保へ厚労省が諮問 2007/ 7/26 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・後期高齢者の保険料納付、年金天引き・振替の選択可能に(20080718) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・消えた年金記録の審査受け付け1年、処理率まだ37%(20080718) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/41916569

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・介護報酬引き上げを提言 厚労省研究会が中間報告案(20080718):

« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・後期高齢者の保険料納付、年金天引き・振替の選択可能に(20080718) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・消えた年金記録の審査受け付け1年、処理率まだ37%(20080718) »