« 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・グッドウィル「名ばかり管理職」、労組が残業代支払い要求(20080714) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・夏のボーナス6年ぶり減 0.3%減、日経最終集計(20080715) »

2008.07.15

【社労士】労働一般常識 > 労働問題・介護労働者の離職率21・6%、前年度よりさらに上昇(20080715)

介護労働者の離職率21・6%、前年度よりさらに上昇 2008/ 7/15 YOMIURI ONLINE

 昨年度の介護労働者の離職率は21・6%で、前年度に比べて1・3ポイント上昇したことが、14日公表された財団法人「介護労働安定センター」の介護労働実態調査でわかった。
 低賃金などが原因と見られ、来年度の介護報酬改定に影響しそうだ。
 調査は昨年11、12月、訪問介護事業所や特別養護老人ホームなどの介護事業所と、介護職員や訪問介護員などの介護労働者を対象に実施。4783事業所と1万3089人が回答した。
 調査によると、1年間で辞めた職員の割合を示す離職率は、介護職員が25・3%、訪問介護員16・9%。双方を合わせると21・6%となり、全産業の平均離職率16・2%(厚生労働省の06年調査)に比べて高い水準を維持していることがわかった。
 平均月給は約21・5万円で、20万円未満が47・6%を占めた。内訳は、訪問介護員は約18・7万円、介護職員は約19・3万円だった。
 【関連記事】「介護労働者処遇改善法が成立 2008/ 5/21 NIKKEI NET」 / 「介護人材確保法案を自民部会が了承 2008/ 4/23 NIKKEI NET」 / 「介護人材確保へ法案修正で合意・自民と民主、賃上げ額明記せず 2008/ 4/22 NIKKEI NET」 / 「介護労働者の確保探る、厚労省研究会が初会合 2008/ 4/18 NIKKEI NET」 / 「介護:報酬アップ求める要望書 厚労相に提出 2008/ 2/12 毎日jp」 / 「介護職員賃上げ 民主、衆院に法案提出 2008/ 1/ 9 asahi.com」 / 「福祉・介護の給与引き上げ、人材確保へ厚労省が諮問 2007/ 7/26 YOMIURI ONLINE
 【コメント】介護労働者の確保を求め策定された「介護労働者処遇改善法」であるが、これによる改善がみられるとしても数年先。何とか現在の従事者を離職させないための抑止策を、早急に設ける必要があろう。

|

« 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・グッドウィル「名ばかり管理職」、労組が残業代支払い要求(20080714) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・夏のボーナス6年ぶり減 0.3%減、日経最終集計(20080715) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/41840182

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・介護労働者の離職率21・6%、前年度よりさらに上昇(20080715):

» 介護や保育士の求人情報を紹介しています [介護や保育士の求人情報]
はじめまして。 介護や保育士に関する求人情報を紹介しています。 よかったら見に来てください♪ [続きを読む]

受信: 2008.07.17 17:06

« 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・グッドウィル「名ばかり管理職」、労組が残業代支払い要求(20080714) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向・夏のボーナス6年ぶり減 0.3%減、日経最終集計(20080715) »