« 【社労士】社会一般常識 > 障害者福祉・障害者手当で支給不足、22人分874万円…東京・多摩市(20080710) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・妊婦健診:「公費5回以上」の市町村、9割に 1年で急増(20080710) »

2008.07.11

【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・医学部定員「毎年400人増を」 厚労相が協議へ(20080710)

医学部定員「毎年400人増を」 厚労相が協議へ 2008/ 7/10 asahi.com

 舛添厚生労働相は10日、全国の大学の医学部定員について、来年度から当面の間、年間約400人増やすよう文部科学省などと協議する考えを明らかにした。同日、栃木県内で病院視察後に会見し、「当面は(毎年)それくらい拡大する構えでいきたい」と述べた。
 医学部定員は、07年に110人、08年に285人増やされたが緊急対策だった。厚労省が6月に公表した「医療確保ビジョン」では、医師数の抑制方針を25年ぶりに改め、増加させる方針に転じた。次いで政府が出した「骨太の方針08」では、現行の約7800人から過去最大の8300人程度まで増やすことが盛り込まれている。
 舛添氏は「現在、私立の医科大学とも交渉しており、さらに定員の1割程度は増やすことが可能だと聞いている」とも述べた。その上で、具体的な検討に向け、舛添氏は「どういうテンポでどれくらいまで増やすか、来週にも、省内に委員会を立ち上げて検討に入りたい」と語った。
 【関連記事】「医学部定員管理 見直し…規制改革会議が中間報告案 2008/ 7/ 3 YOMIURI ONLINE」 / 「医学部定員増「過去最大水準に」 骨太08、閣議決定へ 2008/ 6/27 asahi.com

|

« 【社労士】社会一般常識 > 障害者福祉・障害者手当で支給不足、22人分874万円…東京・多摩市(20080710) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・妊婦健診:「公費5回以上」の市町村、9割に 1年で急増(20080710) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/41801369

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・医学部定員「毎年400人増を」 厚労相が協議へ(20080710):

« 【社労士】社会一般常識 > 障害者福祉・障害者手当で支給不足、22人分874万円…東京・多摩市(20080710) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・妊婦健診:「公費5回以上」の市町村、9割に 1年で急増(20080710) »