« 【社労士】社会一般常識 > 社会保険庁改革・社保庁の改組計画「甘い」、選挙にマイナスと自民反発(20080709) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度・生活保護加算 原告控訴(20080709) »

2008.07.09

【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定・トヨタ技術者過労死 「長時間労働が原因」労基署が認定(20080709)

トヨタ技術者過労死 「長時間労働が原因」労基署が認定 2008/ 7/ 9 asahi.com

 トヨタ自動車(本社・愛知県豊田市)のチーフエンジニアだった男性(当時45)が急死したのは長時間労働による過労死だとして、遺族が労災認定を求めた申請について、豊田労働基準監督署は労災と認め、遺族補償年金などの支給を決めた。決定は6月30日付。
 遺族らが8日、会見して明らかにした。申請書などによると、男性は82年4月に入社し、02年ごろから新型車「カムリハイブリッド」開発に携わった。04年11月には開発責任者の「主査」となり、チーフエンジニアに指名された翌日の06年1月2日午前、自宅で虚血性心疾患のため死亡した。
 死亡直前の2カ月の時間外労働時間は、1カ月平均80時間を超えていた。北米での販売を控え、海外出張も繰り返していたという。
 遺族の代理人の弁護士によると、カムリハイブリッドは北米での人気が高く、06年3月の生産開始を目標に開発が進められていた。ところが、05年11月に技術面などでトラブルが発生した。また、06年1月の米デトロイトでのモーターショーに向けた出品準備に追われるなど、男性は精神的緊張を伴う業務を強いられていたという。
 男性の妻(46)は「夫は情熱を持って仕事に打ち込んでいたが、『人手が足りない。人材がいない』と話していた。つらい思いをしていたのは夫だけではないと思う。会社は夫をサポートして欲しかった」と話した。
 トヨタ自動車は「労基署の決定を真摯(しんし)に受け止め、労働災害の防止、社員の健康管理にいっそう努めていきたい」とのコメントを発表した。
 【関連記事】「職場ストレス 過労自殺招く 2008/ 6/19 YOMIURI ONLINE」 / 「キヤノン社員の自殺、労災認定 「過労によるうつ病」 2008/ 6/13 asahi.com
 【コメント】この労災認定で注目されるのは、労働時間(月80時間以上)の他に、「精神的緊張」が労災認定理由として盛り込まれていること。「労働時間」のみで過労と判断することを企業側も改める必要が出てきたようだ。

|

« 【社労士】社会一般常識 > 社会保険庁改革・社保庁の改組計画「甘い」、選挙にマイナスと自民反発(20080709) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度・生活保護加算 原告控訴(20080709) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/41783110

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定・トヨタ技術者過労死 「長時間労働が原因」労基署が認定(20080709):

» ストレス [ストレス ナビ]
ストレスの対処法、ストレスが呼び起こす身の回りの事柄に関して解説 [続きを読む]

受信: 2008.07.09 10:09

« 【社労士】社会一般常識 > 社会保険庁改革・社保庁の改組計画「甘い」、選挙にマイナスと自民反発(20080709) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度・生活保護加算 原告控訴(20080709) »