« 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・社会保障の抑制幅堅持…概算要求基準で2200億円明記へ(20080704) | トップページ | 【社労士】労働者災害補償保険法 > 自殺対策基本法・自殺実態白書:地域性や原因分析 自治体別で初の全国集計(20080704) »

2008.07.04

【社労士】国年法・厚年法 > 年金運用・年金運用損、過去最悪の5.8兆円 昨年度世界的株安で(20080704)

年金運用損、過去最悪の5.8兆円 昨年度世界的株安で 2008/ 7/ 4 asahi.com

 厚生年金と国民年金の積立金の07年度の運用損が過去最悪の5.8兆円だったことが3日、明らかになった。運用利回りはマイナス6.4%で過去2番目の低さ。米国の低所得者向け(サブプライム)住宅ローン問題に端を発する世界的株安が、公的年金の財政にまで波及した。
 積立金の運用を行う年金積立金管理運用独立行政法人が4日にも公表する。公的年金の運用を巡っては、経済財政諮問会議の民間議員や自民党のプロジェクトチームが、民間の投資専門家を登用してより高い収益を目指すことを提案している。だが、運用成績の悪化を受け「より安全度の高い運用を」という慎重論も出てきそうだ。
 積立金は01年度から本格的な市場運用が始まり、07年度は積立金約150兆円のうち91.3兆円を運用した。リスクを下げるために分散投資しており、内訳は国内債券56.9兆円、国内株式13.8兆円、外国債券9.7兆円、外国株式10.9兆円。株式市場でも市場平均並みの収益を目指す堅実な運用を基本とする。
 07年度の市場の動きを示す基準指標(ベンチマーク)は、日本の株式市場は約3割のマイナスで、外国株式も円高の影響もあってマイナス17%だった。国内債券は3.4%のプラスだったが、同法人は「02年度のITバブル崩壊時に匹敵する国内・外国株式の大幅なマイナスを補いきれなかった」としている。マイナス6.4%の運用利回りは、02年度のマイナス8.46%に次ぐ低さだ。
 同法人によれば、運用資産に占める株式の比率が公的年金よりも高い民間の企業年金の07年度運用実績はマイナス9.7%、大手生保各社の団体年金も13~16%のマイナスとなっている。
 一方で、積立金運用の累積収益は7.4兆円とプラスを維持。年金財政に大きな影響を与える運用利回りと賃金上昇率の差(実質運用利回り)も、01年度以降の平均では2.66%と目標の1.1%を上回っており、同法人は「当面の年金財政への影響は限定的」としている。だが、運用環境の悪化が長期間続けば、将来の年金の給付水準低下につながる可能性もある。
 【関連記事】「公的年金の運用、昨年10~12月は1.5兆円の損失 2008/ 3/ 4 asahi.com」 / 「年金運用、5年ぶりに減へ 株安直撃、投信も悪化 2008/ 2/20 asahi.com」 / 「企業年金利回りが大幅悪化、07年度は5年ぶりマイナスの公算 2008/ 2/17 NIKKEI NET

|

« 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・社会保障の抑制幅堅持…概算要求基準で2200億円明記へ(20080704) | トップページ | 【社労士】労働者災害補償保険法 > 自殺対策基本法・自殺実態白書:地域性や原因分析 自治体別で初の全国集計(20080704) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/41731212

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 年金運用・年金運用損、過去最悪の5.8兆円 昨年度世界的株安で(20080704):

» 年金積立金管理運用独立行政法人 [ダガーナイフ 通販]
そして!! 年金積立金運用赤字が急拡大。過去最悪の検討報告、年金原資に賛否 それよりも前に、この年金積立金と称するものの実態はそうとう怪しく、実際には国債や国債もどきの財投債を発行して掻き集めたお金だそうで、それを年金積立金管理運用独立行政法人という天下り団体が運用しています。公的年金の運用は危な 厚年法 年金運用・年金運用損、過去運用利回りはマイナス6.4%で過去2番目の低さ。米国の低所得者向け(サブプライム)住宅ローン問題に端を発する世界的株安が、公的年金の財政にまで波及し... [続きを読む]

受信: 2008.07.05 01:14

« 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革・社会保障の抑制幅堅持…概算要求基準で2200億円明記へ(20080704) | トップページ | 【社労士】労働者災害補償保険法 > 自殺対策基本法・自殺実態白書:地域性や原因分析 自治体別で初の全国集計(20080704) »