« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・後期高齢者医療制度の与党修正原案、年金天引きは原則維持(20080602) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・保険料今年度85%軽減 与党方針(20080603) »

2008.06.02

【社労士】労働一般常識 > 労働問題・JR不採用訴訟、証人出廷の葛西会長「組合差別してない」(20080602)

JR不採用訴訟、証人出廷の葛西会長「組合差別してない」 2008/ 6/ 2 YOMIURI ONLINE

 1987年の国鉄分割・民営化でJRに採用されなかった国労組合員と遺族計約300人が、旧国鉄清算事業団の業務を引き継いだ独立行政法人「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」に慰謝料の支払いなどを求めた訴訟の控訴審の口頭弁論が2日、東京高裁であった。
 分割・民営化当時、国鉄で労務政策を担当していた葛西敬之・JR東海会長(67)が証人出廷し、「組合によって差別はしていない」と述べた。
 原告弁護団によると、労働問題を巡る訴訟で、企業トップが証人として出廷するのは異例。1審でも原告側が申請したが、認められなかった。他の組合員のJR採用率がほぼ100%だったのに対し、国労は約40%だった点を裁判官から指摘されると、葛西会長は「国労を排除する意図は全くなかった。技能や適性を評価した結果だ」と述べた。
 1審・東京地裁は、国労組合員1人当たり500万円の慰謝料を支払うよう、機構に命じている。
 【関連記事】「国労、JR不採用問題で300億円賠償求め提訴へ 2006/11/29 NIKKEI NET」 / 「JR東と国労、労使紛争が終結・「不採用」なお未解決 2006/11/ 7 NIKKEI NET

|

« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・後期高齢者医療制度の与党修正原案、年金天引きは原則維持(20080602) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・保険料今年度85%軽減 与党方針(20080603) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/41409041

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 労働問題・JR不採用訴訟、証人出廷の葛西会長「組合差別してない」(20080602):

« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・後期高齢者医療制度の与党修正原案、年金天引きは原則維持(20080602) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・保険料今年度85%軽減 与党方針(20080603) »