« 【社労士】社会一般常識 > 高齢化問題・自民が総合的な高齢者対策…雇用促進が柱(20080531) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・無料妊婦健診、実施5.5回 昨年の2倍 厚労省まとめ(20080601) »

2008.06.01

【社労士】労働基準法 > 労働時間・「和民」で賃金未払い 217人に1200万円支払う(20080531)

「和民」で賃金未払い 217人に1200万円支払う 2008/ 5/31 asahi.com

 「ワタミ」(東京)のグループ会社で、居酒屋「和民」などを全国展開する外食大手「ワタミフードサービス」(同)がアルバイト店員の勤務時間を一部切り捨てていたとして北大阪労働基準監督署の是正勧告を受け、217人に計約1200万円の未払い賃金を支払った。一方で元店員の20代の男性が「内部告発への報復で解雇された」として、同社に慰謝料など約450万円の損害賠償を求める訴訟を2日にも大阪地裁に起こす考えだ。
 ワタミによると、ワタミフードサービスは大阪府北部2店でアルバイト店員の勤務時間を1分単位で記録せずに30分単位などで端数を切り捨て、賃金の一部が未払いだとして06年秋に勧告を受けた。同労基署管内のほかの4店でも同様の事態が判明。同社は60人に計約400万円を支給した。
 同社は昨年2月、全国400店余りのアルバイト店員約1万2千人を対象に内部調査。北海道・東北2店▽関東15店▽東海2店▽近畿20店▽中国2店の計41店で切り捨てが判明し、157人に計約800万円を支払った。ワタミの広報担当者は「労働時間の切り捨てはあってはならず、徹底できていない店があった。全国の店舗ですでに改めた」としている。
 提訴を予定している男性によると、労基署への通報は06年7月で、同9月に解雇された。ワタミフードサービスの社員から「労基署に行くような人は企業にとってリスク」と退職を迫られたと主張。これに対してワタミ側は「元店員の解雇理由は個人情報のため明らかにできないが、提訴されれば、訴状を見て対応を検討する」と話している。
 【関連記事】「残業代未払い:支払い求め都職員が提訴 2008/ 5/29 毎日jp

|

« 【社労士】社会一般常識 > 高齢化問題・自民が総合的な高齢者対策…雇用促進が柱(20080531) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・無料妊婦健診、実施5.5回 昨年の2倍 厚労省まとめ(20080601) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/41392393

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働基準法 > 労働時間・「和民」で賃金未払い 217人に1200万円支払う(20080531):

« 【社労士】社会一般常識 > 高齢化問題・自民が総合的な高齢者対策…雇用促進が柱(20080531) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革・無料妊婦健診、実施5.5回 昨年の2倍 厚労省まとめ(20080601) »