« 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・日雇い派遣を自粛 違反なら公表も 製造・運送業対象(20080528) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度改革・国家公務員制度改革基本法案の修正案が衆院を通過(20080529) »

2008.05.29

【社労士】労働基準法 > 労働問題・残業代未払い:支払い求め都職員が提訴(20080529)

残業代未払い:支払い求め都職員が提訴 2008/ 5/29 毎日jp

 東京都が実際の残業時間に見合った残業代(超過勤務手当)を支払わないのは不当だとして、都職員の坂本通子さん(57)が28日、都を相手に未払い残業代約44万円の支払いを求める訴えを東京地裁に起こした。
 訴状によると、坂本さんは多摩教育事務所(立川市)に勤務していた02年4月~06年3月、133時間分の残業代を受給できなかった。特に年度末で忙しかった06年3月は残業時間40時間に対し4時間分しか支払われなかった。
 職場ごとに人件費の予算配分が決められ、申告した実際の残業時間が一律の上限に抑えられ、低く調整される慣行があるという。坂本さんは「ボランティアではなく、未払いが改まらないのはおかしい」と主張している。
 都教育庁総務部の担当者は「必要性のある超過勤務は管理職の命令に基づいて適正に支給している」と説明。訴えについては「訴状を見ていないのでコメントできない」と話している。
 【関連記事】「近大、残業代不払い・2年間で1億円 2008/ 3/ 7 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・日雇い派遣を自粛 違反なら公表も 製造・運送業対象(20080528) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度改革・国家公務員制度改革基本法案の修正案が衆院を通過(20080529) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/41359314

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働基準法 > 労働問題・残業代未払い:支払い求め都職員が提訴(20080529):

« 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・日雇い派遣を自粛 違反なら公表も 製造・運送業対象(20080528) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度改革・国家公務員制度改革基本法案の修正案が衆院を通過(20080529) »