« 【社労士】雇用保険法 > 失業給付・財務省、雇用保険の国庫負担廃止を検討 社会保障費抑制狙う(20080509) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度改革・公務員制度改革 今国会見送りの公算(20080509) »

2008.05.11

【社労士】労働一般常識 > 外国人労働問題・外国人研修「不正行為」 過去最高の449団体 企業(20080509)

外国人研修「不正行為」 過去最高の449団体・企業 2008/ 5/ 9 asahi.com

 低賃金労働などが問題になっている外国人研修・技能実習制度で、不正行為をしていた受け入れ団体・企業が、07年は過去最多の449にのぼり、06年の2倍になっていることが分かった。9日、法務省が発表した。時給300円で時間外労働をさせたり、預金通帳を取り上げたりと、悪質な例が目立つ。
 昨年の立ち入り調査で発覚した主な不正は、賃金の不払いなどの「労働関係法規違反」が178件▽多数を雇うために入国管理局に届けた企業以外で働かせた「名義貸し」が115件▽休日労働や残業をさせた「所定時間外作業」が98件などだった。
 例えば、神奈川県の製菓会社では、「菓子製造の研修」として研修生を受け入れながら、実際には、出来上がった菓子を包む作業しかさせていなかった。福岡県の縫製業者は、研修・実習生が屋内用の靴のまま屋外に出ただけで、千円の罰金を賃金から差し引いていた。また、山梨県の機械製造業者は実習生から旅券と預金通帳を取り上げ、返却を求められても拒否していたという。
 この制度を利用しているのは約1600企業と約1900団体。通報や告発に基づいて、法務省が全国の団体・企業を立ち入り調査し、不正行為が認められた場合には、入管法に基づき、最低3年間は研修生を受け入れられなくなる。
 【関連記事】「外国人研修生、労働関係法令を適用すべき…鳩山法相 2008/ 3/24 YOMIURI ONLINE」 / 「外国人研修生の保護拡充・政府方針、母国語で電話相談 2008/ 3/ 3 NIKKEI NET」 / 「外国人研修制度 見えぬ着地点 2007/ 5/18 YOMIURI ONLINE」 / 「外国人実習生、低賃金で酷使 雇用側の不正増加 2006/ 8/17 asahi.com
 【コメント】尽きる気配のない外国人研修生の労働酷使に関する問題。ここで人手不足感が一服すればある程度の落ち着きを見せるかもしれないが、まだまだそれは先のことになりそうだ。

|

« 【社労士】雇用保険法 > 失業給付・財務省、雇用保険の国庫負担廃止を検討 社会保障費抑制狙う(20080509) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度改革・公務員制度改革 今国会見送りの公算(20080509) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/41168984

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 外国人労働問題・外国人研修「不正行為」 過去最高の449団体 企業(20080509):

« 【社労士】雇用保険法 > 失業給付・財務省、雇用保険の国庫負担廃止を検討 社会保障費抑制狙う(20080509) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度改革・公務員制度改革 今国会見送りの公算(20080509) »