« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・後期高齢者医療の保険証、なお1万2000人未着、1日時点(20080503) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録漏れ、ばらつく審査 第三者委、処理スピードに地域差(20080504) »

2008.05.04

【社労士】労働安全衛生法 > 健康診断・メタボ対策、3人に1人が「実践」(20080503)

メタボ対策、3人に1人が「実践」  2008/ 5/ 3 NIKKEI NET

 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防や改善のため、3人に1人が適切な食事を心がけ、定期的に運動していることが、内閣府が3日付で発表した「食育に関する意識調査」で分かった。メタボについて「言葉の意味まで知っている」という人は87.6%に上り、政府が「食育推進基本計画」で掲げた目標値の80%を突破した。
 調査は2月末から3月上旬までの間、全国の成人男女3000人を対象に実施した。回収率は58.2%。
 食事や運動の実践について、「半年以上継続している」と答えた人は30.3%で、「半年未満だが継続」は3.9%。男性は60歳代と70歳以上、女性は60歳代で4割を超え、高齢層の実践度が高かった。
 「現在していないし、しようとも思わない」は19.8%。40歳以上の腹囲を測定する「メタボ健診」が4月から始まったが、一層の啓発が必要といえそうだ。
 【関連記事】「メタボ健診:「歓迎」男性59%、女性70% 2008/ 4/29 毎日jp」 / 「メタボ健診「知らない」、指導の実践「自信ない」・タニタ調べ 2008/ 4/10 NIKKEI NET

|

« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・後期高齢者医療の保険証、なお1万2000人未着、1日時点(20080503) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録漏れ、ばらつく審査 第三者委、処理スピードに地域差(20080504) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/41088896

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働安全衛生法 > 健康診断・メタボ対策、3人に1人が「実践」(20080503):

« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・後期高齢者医療の保険証、なお1万2000人未着、1日時点(20080503) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録漏れ、ばらつく審査 第三者委、処理スピードに地域差(20080504) »