« 【社労士】労働基準法 > 労働時間・ツアコン「心も体も限界」残業代求め提訴 阪急交通社系(20080523) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・野党4党が廃止法案を参院提出(20080523) »

2008.05.25

【社労士】労働者災害補償保険法 > 労働時間・過労自殺過去最多の81人、心の病で労災急増 2007年度(20080523)

過労自殺過去最多の81人、心の病で労災急増 07年度 2008/ 5/23 asahi.com

 仕事のストレスが原因でうつ病などの精神障害になり、07年度に労災が認められた人は前年度の1.3倍の268人で、過去最多を更新したことが23日、厚生労働省のまとめでわかった。そのうち、過労自殺も15人多い81人(未遂3人含む)で過去最多。長時間労働や成果主義が広がる中、心の病に悩む人が増えていることを示した。
 精神障害による労災請求件数も前年度比16%増の952件で、過去最多だった。
 労災認定された人は、年代別では30代が100人と約4割を占め、次いで20代が66人、40代が61人だった。職種別では、情報処理や医療福祉などの専門的・技術的職業が75人と最も多く、工場労働者などの生産工程・労務が60人、事務が53人など。
 一方、過労などが原因で脳・心臓疾患になり労災認定された人も、前年度より10%多い392人で過去最多。そのうち過労死は前年度より5人少ない142人だった。
 認定された人のうち、脳内出血や脳梗塞(こうそく)など脳疾患が263人、心筋梗塞や狭心症など心臓疾患が129人。認定理由が「長時間の過重業務」だったのは362人で、このうち199人は残業が月平均100時間以上だ。
 職場のストレス調査を30年近く続ける小杉正太郎・早稲田大教授(ストレス心理学)は「IT系や研究開発など、職位階層が細かくなく管理職の少ない職場ほど、多様な仕事を任され強いストレスにさらされがちだ」と指摘。過労死弁護団全国連絡会議の岡村親宜代表幹事は「精神障害の労災の請求件数に対する認定率が3割前後と低いのは問題だ。認定指針にあいまいな面があり、見直す時期ではないか」と話している。
 【関連記事】「企業の55%、心の健康すぐれぬ社員「増加」・民間調査  2008/ 4/25 NIKKEI NET」 / 「過労で労災 年々増加 2008/ 3/21 YOMIURI ONLINE」 / 「心の健康「不安」3人に1人…本社調査 2007/12/25 YOMIURI ONLINE」 / 「精神障害が急増、300万人突破…07年版白書 2007/ 6/15 YOMIURI ONLINE」 / 「うつ病などで労災認定、1.6倍と急増 過労自殺も最多 2007/ 5/16 asahi.com」 /「過労死、「労組にも責任」 遺族が民事調停申し立て 2007/ 7/31 asahi.com」 / 「「過労死は自己管理の問題」奥谷氏発言が波紋 2007/ 2/ 7 asahi.com」 / 「「心の病」抱える社員が増加、30歳代が6割 2006/ 8/ 6 YOMIURI ONLINE
 【コメント】長時間労働に対して医師による面談義務化を行っても、減る気配を見せない精神障害による労災認定者数。だが、実際に精神障害となっている人は、この労災認定者数よりもはるかに多い可能性もある。厚労省が様々な精神障害者対策の見直しを迫られることとなることは確実だ。

|

« 【社労士】労働基準法 > 労働時間・ツアコン「心も体も限界」残業代求め提訴 阪急交通社系(20080523) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・野党4党が廃止法案を参院提出(20080523) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/41315250

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労働時間・過労自殺過去最多の81人、心の病で労災急増 2007年度(20080523):

« 【社労士】労働基準法 > 労働時間・ツアコン「心も体も限界」残業代求め提訴 阪急交通社系(20080523) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・野党4党が廃止法案を参院提出(20080523) »