« 【社労士】労働一般常識 > 介護保険法・介護労働者の確保探る、厚労省研究会が初会合(20080418) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・健保、3000億円の負担増・08年度高齢者医療に支援金(20080420) »

2008.04.20

【社労士】労働一般常識 > 介護保険法・介護中の従業員への転勤命令無効、ネスレの上告棄却、最高裁(20080418)

介護中の従業員への転勤命令無効、ネスレの上告棄却・最高裁  2008/ 4/18 NIKKEI NET

 大手食品メーカー「ネスレ日本」(神戸市)の姫路工場(兵庫県姫路市)の社員2人が、家族の介護を理由に茨城県の工場への転勤命令の無効確認を求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(津野修裁判長)は18日、「上告理由にあたらない」として会社側の上告を退ける決定をした。2人の請求を認め、転勤命令を無効とした1、2審判決が確定した。
 訴えていたのは姫路工場勤務だった50歳代の男性社員2人。2人は2003年、茨城県稲敷市の霞ケ浦工場への転勤を命じられた。妻や母の介護を理由に工場内での配置転換を希望したが、会社側が拒否した。
 1、2審判決は、会社に配転命令権はあるが、社員に著しい不利益がある場合は「命令権の乱用」にあたるとの判例を踏襲。原告には介護が必要な母や病気の妻がおり「残された家族だけで介護するのは困難。家族一緒に転勤すると生活環境の変化で病状が悪化する不安がある」と指摘し、転勤命令を無効とした。
 【関連記事】「介護理由の転勤拒否認める判決・神戸地裁姫路支部 2005/ 5/ 9 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 介護保険法・介護労働者の確保探る、厚労省研究会が初会合(20080418) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・健保、3000億円の負担増・08年度高齢者医療に支援金(20080420) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/40937451

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 介護保険法・介護中の従業員への転勤命令無効、ネスレの上告棄却、最高裁(20080418):

« 【社労士】労働一般常識 > 介護保険法・介護労働者の確保探る、厚労省研究会が初会合(20080418) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・健保、3000億円の負担増・08年度高齢者医療に支援金(20080420) »