« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・週末・祝日も相談対応を、厚労省など市町村に通知(20080418) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 介護保険法・介護労働者の確保探る、厚労省研究会が初会合(20080418) »

2008.04.20

【社労士】社会一般常識 > 社会保険庁改革・全国健康保険協会、社保庁からの移籍職員1800人を内定(20080418)

全国健康保険協会、社保庁からの移籍職員1800人を内定 2008/ 4/18 NIKKEI NET

 10月に発足する全国健康保険協会の設立委員会は14日、社会保険庁から移籍する職員1800人を内定したと発表した。同協会への移籍を第1希望にした社保庁職員4156人から社保庁が候補者を選抜、設立委が内定した。内定者のうち71人が国家公務員法に基づく懲戒処分を受けており、論議を呼びそうだ。
 設立委は昨年示した職員の採用基準で、懲戒処分を受けた職員は勤務成績などを考慮して厳しく採用の可否を決める方針を示していた。記者会見した星野進保委員長は「処分を受けた人には厳正であるべきだが、処分の濃淡があるのもたしか」と述べ、最近の勤務状況などを総合的に判断して決めたと説明した。
 【関連記事】「全国健康保険協会、社保庁からの移籍71人が懲戒経験  2008/ 4/14 NIKKEI NET」 / 「社保庁の後継組織、さらに定員減 2008/ 4/ 9 asahi.com
 【コメント】同じ社会保険庁後継組織たる「日本年金機構」への社会保険庁職員異動が減少し続け、さらに不祥事職員の異動に関しては厳しくチェックされている状況であることを考えれば、この移籍職員1800人に含まれる懲戒処分者について、厳しい意見が飛ぶのは簡単に推測できること。さて、設立委員会の意見はそのまま認められるかどうか。

|

« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・週末・祝日も相談対応を、厚労省など市町村に通知(20080418) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 介護保険法・介護労働者の確保探る、厚労省研究会が初会合(20080418) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/40936852

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 社会保険庁改革・全国健康保険協会、社保庁からの移籍職員1800人を内定(20080418):

» 社会保険庁 ホームページ [自動車保険、健康保険、社会保険、介護保険、生命保険、国民健康保険、失業保険など保険情報サイト!!]
【社労士】社会一般常識 > 社会保険庁改革・全国健康保険協会、社保庁 ...10月に発足する全国健康保険協会の設立委員会は14日、社会保険庁から... [続きを読む]

受信: 2008.04.20 17:27

« 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度・週末・祝日も相談対応を、厚労省など市町村に通知(20080418) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 介護保険法・介護労働者の確保探る、厚労省研究会が初会合(20080418) »