« 【社労士】労働一般常識 > 精神障害・うつ病休職者の復帰を支援、医療機関ネットワークが発足(20080329) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・ワーキングプアなど貧困解消に連合本腰 反貧困フェスタ(20080329) »

2008.03.30

【社労士】労働安全衛生法 > 健康診断・生損保、メタボ対策お手伝い 保健指導や健康食品販売(20080329)

生損保、メタボ対策お手伝い・保健指導や健康食品販売 2008/ 3/29 NIKKEI NET

 生損保各社がメタボリック(内臓脂肪)症候群の対策サービスに乗り出す。損害保険ジャパンや明治安田生命保険は保健師や栄養士を増やし、保健指導の受託を本格化。日本生命保険と三井住友海上火災保険は関連会社を通じて医師や看護師への研修事業を始めた。4月からメタボ予防の特定健診、特定保健指導が企業の健康保険組合などに義務づけられるのを受け、需要開拓を目指す。
 損保ジャパンは健康関連ビジネスを手掛ける関連会社に登録する栄養士を08年度中に現在の300人から800人に増やし、80―100の健保組合から保健指導を受託することを目指す。東京海上日動火災保険も子会社の保健師を1.5倍の60人に増やす。インターネットで健康食品などを販売することも検討する。
 【関連記事】「メタボ診断にグループのサービス活用・旭化成や東電の健保 2008/ 3/ 5 NIKKEI NET」 / 「社員のメタボ健診充実、NEC・トヨタなど  2008/ 2/26 NIKKEI NET」 / 「「まずメタボ」 がん検診後回し 2007/11/19 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】労働一般常識 > 精神障害・うつ病休職者の復帰を支援、医療機関ネットワークが発足(20080329) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・ワーキングプアなど貧困解消に連合本腰 反貧困フェスタ(20080329) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/40689725

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働安全衛生法 > 健康診断・生損保、メタボ対策お手伝い 保健指導や健康食品販売(20080329):

« 【社労士】労働一般常識 > 精神障害・うつ病休職者の復帰を支援、医療機関ネットワークが発足(20080329) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題・ワーキングプアなど貧困解消に連合本腰 反貧困フェスタ(20080329) »