« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・浮いた年金 給付に結びつく可能性、新たに341万件(20080326) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・07年官僚天下り、7人増の76人…最多は財務省30人(20080326) »

2008.03.26

【社労士】労働一般常識 > ワーク・ライフ・バランス・仕事と生活の調和、わずかに改善(20080326)

仕事と生活の調和、わずかに改善 2008/ 3/26 asahi.com

 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)が社会全体でどの程度進んだかを内閣府が初めて指標化した。02年を100とした06年の状況は、行政や企業の取り組みを示す「環境整備指標」が103.9。労働者個人がどれくらい育児休業や短時間勤務を利用できたかなどを示す「仕事・働き方指標」は101.1だった。
 指標は「環境整備」と、個人の暮らしの調和に注目した「個人の実現度指標」で構成され、個人の実現度指標は「仕事・働き方」など5分野に分かれる。保育サービスの提供割合や女性の就業率など多数のデータをもとに数字を出した。
 環境整備指標が向上したのは、地域での保育サービスや再就職支援の充実のため。個人の実現度指標では、仕事・働き方は、仕事による拘束時間の長さなどはあまり変わらなかったが、育児休業の取得率が上がったことなどで底上げされた。
 02年より悪化したのは「地域・社会活動」と「学習や趣味・娯楽」で、地域・社会活動は近所付き合いの希薄化などを反映しているとみられる。
 【関連記事】「働く女性、最もほしいのは「睡眠」・民間調査 2008/ 3/26 NIKKEI NET」 / 「男女共同参画で新たな行動計画策定へ・政府 2008/ 3/ 9 NIKKEI NET」 / 「仕事・生活の調和測る指標提言…男女共同参画で中間報告案 2007/ 5/21 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・浮いた年金 給付に結びつく可能性、新たに341万件(20080326) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・07年官僚天下り、7人増の76人…最多は財務省30人(20080326) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/40641944

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > ワーク・ライフ・バランス・仕事と生活の調和、わずかに改善(20080326):

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・浮いた年金 給付に結びつく可能性、新たに341万件(20080326) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度・07年官僚天下り、7人増の76人…最多は財務省30人(20080326) »