« 【社労士】社会一般常識 > がん対策基本法・厚労省、「がん検診」市町村別に公表 受診率向上へ対策促す(20080325) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録 特定困難、最大2858万件(20080325) »

2008.03.26

【社労士】社会一般常識 > 国民健康保険法・国保滞納:31人が死亡…困窮、受診手控え 民医連調査(20080325)

国保滞納:31人が死亡…困窮、受診手控え 民医連調査 2008/ 3/25 毎日jp

 全日本民主医療機関連合会(民医連)は25日、国民健康保険(国保)の保険料が支払えなかったことなどにより、07年1~12月の1年間に全国で少なくとも31人が死亡したことが分かったと発表した。民医連加盟の病院や診療所など約1700施設を対象に調査した。いずれも医療機関への受診を控えて手遅れになったという。
 民医連によると死亡した31人のうち、男女別では男性23人、女性8人で男性が3倍近い。また、年代別では60代が16人で最も多く、次いで50代8人、70代4人など。30代も2人いた。
 不況で廃業し、アパート代も払えず工場に住んでいた元自営業者が、国保料を滞納したため保険証がなく、受診が遅れて死亡した例などがある。31人中4人は保険証を持っていたが、病気や高齢で働けず経済的に困窮して受診を控えたという。
 厚生労働省によると07年6月現在、国保を滞納しているのは約475万世帯(約19%)。1年以上保険料を滞納した人に交付される「資格証明書」は約34万世帯にも上る。
 【関連記事】「国保滞納:75歳以上も医療費全額負担 証明書交付対象に 2008/ 3/24 毎日jp」 / 「国保滞納で保険証取り上げ、受診抑制の21人死亡 2006/ 7/ 4 asahi.com

|

« 【社労士】社会一般常識 > がん対策基本法・厚労省、「がん検診」市町村別に公表 受診率向上へ対策促す(20080325) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録 特定困難、最大2858万件(20080325) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/40641520

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 国民健康保険法・国保滞納:31人が死亡…困窮、受診手控え 民医連調査(20080325):

« 【社労士】社会一般常識 > がん対策基本法・厚労省、「がん検診」市町村別に公表 受診率向上へ対策促す(20080325) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録 特定困難、最大2858万件(20080325) »