« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録の再確認 地域間で200倍の格差(20080318) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金不正受給・障害年金受給140人に 聴覚偽装疑惑 社保庁調査(20080319) »

2008.03.19

【社労士】国年法・厚年法 > 年金不正受給・聴力偽り?障害手帳、北海道300人返還 同じ医師診断(20080317)

聴力偽り?障害手帳、北海道300人返還 同じ医師診断 2008/ 3/17 asahi.com

 耳が聞こえるにもかかわらず、最も重度な「聴覚障害2級」の障害者手帳を受けていたとして、手帳の返還命令を受けたり自主返還したりする人が北海道で相次いでいる。いずれも札幌市で開業する同じ耳鼻科医(73)の診断で認定され、返還者は14日現在で約300人に及ぶ。この医師の診断で手帳を得た人は判明しただけでも他に約400人いるという。道などは大規模な福祉不正の疑いが強いとみて、取得者への確認調査を進めている。
 朝日新聞の調べでは、手帳の取得者は旧産炭地である北海道赤平市と芦別市の在住者が多い。取得者らは、複数のブローカーらから医師を紹介され、仲介の謝礼を払ったと話しており、不正取得が組織的に行われていた疑いが持たれている。
 2級の手帳取得者は医療費の助成や税金の減免が受けられるほか、2級と同様の障害を認定された年金加入者は障害年金も支給される。
 この問題をめぐっては、04年12月、医師を名指しして「不適切な診断書を作成している」とする告発が道に入り、道と札幌市などはそれ以降の申請の大半について交付を留保していたという。
 道と市などは、この医師の診断で手帳を得たことが確認できた人を今年2月ごろから呼び出し、職員や専門医の呼びかけに反応するかどうか調査を開始。その結果、面談した人の約9割に当たる約200人(3月14日現在)について「明らかに聞こえている」としてその場で手帳を返還させたという。
 また、調査を待たずに自主的に手帳を返還した人も約100人に及んだ。自主返還者は「薬が効いて聞こえるようになった」「ビタミン剤が効いた」などと話しているという。まだ調査が済んでいない対象者は約400人おり、返還者は今後も増えるとみられる。
 問題の医師は朝日新聞の取材に対し、「弁護士に対応を任せており、何も話せない」と回答。弁護士も「コメントできない」としている。

 ■ブローカー「聞こえないふりをしろ」
 札幌市の耳鼻科医(73)から聴覚障害の診断を受けた人たちは、朝日新聞の取材に対し、ブローカーやその知人らに「いい医者がいる」「楽勝で手帳が取れる」などと勧誘され、仲介の謝礼として1万~5万円を支払ったと話している。
 赤平市の50代の男性はもともと片方の耳が聞こえづらく、知人を介してブローカーとみられる男性から「税金が免除になる。検査だけでも受けてみろ」と誘われたという。4人ほどでワゴン車に乗せられ、約100キロ離れた札幌市へ移動。車中では「聞こえないふりをしろ」「ばれないから大丈夫。政治家だって不正をしている」と言われたという。
 赤平市の60代の男性は、医師からヘッドホンの音を聞き取る検査を受け、「医師に『小さい音ではボタンを押すな、大きく聞こえるところで押せ』と言われた」と話す。芦別市の70代の男性は「診断時には医師と直接話もしている。障害がさほど重くないことは当然わかったはず」と言う。一方で、「特におかしい検査ではなかった」と話す人もいた。
 手帳の取得は、札幌市内の同じ社会保険労務士(66)が手続きを代行していた。この社労士によると、ブローカーの一人と知り合いで、これまでに約300人の申請を代行し、1人当たり1万~2万円の手数料をもらったという。
 この社労士は「みな同様に2級相当と認定されるので不思議な感じはしたが、医師の診断なので疑うべきではないと考えた。いま振り返れば疑惑があるかもしれない」と話す。
 複数の人からブローカーだと名指しされた男性は「そういうことをしている者がいるという話は聞いているが、自分は知らない」と話している。

 【コメント】今後調査が進むうちに大きな問題となりそうな報道。この事件により、現行の障害認定の手順・方法になんらかの変更が加えられる可能性は高い?

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録の再確認 地域間で200倍の格差(20080318) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金不正受給・障害年金受給140人に 聴覚偽装疑惑 社保庁調査(20080319) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/40554003

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 年金不正受給・聴力偽り?障害手帳、北海道300人返還 同じ医師診断(20080317):

» 聴覚偽装で障害者手帳を看護師・民生委員も取得  [僕のつぶやき。 ネットの窓から。]
障害者手帳 看護師・民生委員も取得 聴覚偽装(朝日新聞) - goo ニュース 上記などのasahi.comによると ー引用ー 北海道で発覚した聴覚障害の偽装疑惑で、札幌市の耳鼻科医(73)の診断で最重度の「聴覚障害2級」の障害者手帳を取得した人の中に、赤平市立病院の看護師や芦別市の民生委員が含まれていることが朝日新聞の調べで分かった。「2級」は補聴器を使っても聞こえない状態とされ、看護師や民生委員の職務をこなすのは難しい。2人ともすでに手帳を返還し、民生委員は辞職している。=略= ー引用ー 、同じ... [続きを読む]

受信: 2008.03.19 11:55

« 【社労士】国年法・厚年法 > 消えた年金問題・年金記録の再確認 地域間で200倍の格差(20080318) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金不正受給・障害年金受給140人に 聴覚偽装疑惑 社保庁調査(20080319) »