« 【社労士】労働基準法 > 労働者・パンフ配布の主婦も「労働者」と認定 東京地裁(20080229) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・電力9社の09年度新卒採用、7%増(20080229) »

2008.02.29

【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定・新任女性教師、夢半ばの自殺…遺族が公務災害を申請(20080229)

新任女性教師、夢半ばの自殺…遺族が公務災害を申請 2008/ 2/29 YOMIURI ONLINE

 2006年に自殺した東京都西東京市の市立小学校の新任女性教師(当時25歳)の両親が28日、地方公務員災害補償基金東京都支部に公務災害の認定を申請した。
 教師になりたいという夢をかなえたばかりの女性は、学級内に続くトラブルに悩んでいた。「悲劇を繰り返さないよう、新任教師に手厚いサポートを」と両親は強く訴えている。
 「小学校教師はやっぱりきついね」。自殺を図る約2か月前、福岡県の母親(56)にあてたメールに、そうつづられていた。
 教師の夢を追って、短大から首都圏の教員養成大学に編入学し、06年4月から西東京市で教師になった。
 低学年を受け持って間もない5月中旬、学級内で万引きのうわさを聞いた。名前の挙がった児童の親に伝えると、「どこに証拠があるのか」と抗議を受けた。校長が親に謝罪して収まったが、後日この件について職員会議で報告を求められた。
 後に女性の部屋で両親が見つけた遺品のノートの切れ端に、女性の文字があった。「確証がないのに電話してしまい、保護者を傷つけてしまった」「校長や副校長にもご迷惑をおかけしました」。職員会議で謝罪した言葉の下書きだった。同僚の一人は「彼女が謝らなくても、と違和感を感じていた」と、遺族側の川人博弁護士に語っている。
 さらに7月ごろ、学級内で児童の上履きや体操着が隠され、保護者会の対応に追われた。7月中旬にうつ病の診断を受け、8月末まで休職した。9月に復職したが、学級内で起きた新たないじめなどの問題が続き、症状は悪化していった。
 着任時の女性教師は、同僚には明るい性格と映っていた。だが、10月下旬に近くの駅へ歩く姿を見た複数の同僚からは、「やつれて、やっと歩いている様子だった」との証言がある。
 女性教師は10月30日に自宅アパートで首をつり、12月16日に息を引き取った。教師になって、わずか9か月だった。
 市教委は「指導役の教師も、親身になって相談に乗っていた。特別な精神的ケアはなかったが、2学期からは業務の一部をほかの教師に任せ、校内研修も免除して負担を軽減していた。考えられる支援は行っていた」と説明する。
 しかし、女性教師を診察していた精神科医は「うつ病は過労や仕事上のストレスが原因であり、このうつ病の結果、自殺に至った」との見解を示している。
 川人弁護士は「一番問題なのは、新任教師への精神的ケアが管理職らに欠けていたこと」と述べ、公務災害だと訴える。
 女性教師は、教員の志望書に、「精一杯の情熱と愛情で、子供の可能性を引き出していきたい」と書き、希望にあふれていた。両親は「休暇で実家に戻ってきた娘は『職場は想像以上につらい』とこぼしていた。なぜそこまで追いつめられたのか」と、今も納得できずにいる。
 【関連記事】「退職後の自殺、労災認定・東京地裁 2006/ 9/ 4 NIKKEI NET」 / 「「卒業後の教え子指導も公務」妻が「労災」認定請求へ 2006/ 9/28 YOMIURI ONLINE」 / 「富士通社員の過労自殺認定 労基署、再調査で一転認める 2006/ 7/12 asahi.com

|

« 【社労士】労働基準法 > 労働者・パンフ配布の主婦も「労働者」と認定 東京地裁(20080229) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・電力9社の09年度新卒採用、7%増(20080229) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/40309209

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定・新任女性教師、夢半ばの自殺…遺族が公務災害を申請(20080229):

« 【社労士】労働基準法 > 労働者・パンフ配布の主婦も「労働者」と認定 東京地裁(20080229) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向・電力9社の09年度新卒採用、7%増(20080229) »