« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・「税方式」柱に提言 自民の考える会(20080226) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度・社会保障費の自然増、首相「抑制、限界ある」(20080226) »

2008.02.27

【社労士】労働安全衛生法 > 健康診断・社員のメタボ健診充実、NEC・トヨタなど (20080226)

社員のメタボ健診充実、NEC・トヨタなど  2008/ 2/26 NIKKEI NET

 企業が社員のメタボリック(内臓脂肪)症候群予防に向けた取り組みを強化している。4月から40歳以上の社員に特定健診が義務付けられるためで、NECやトヨタ自動車は健診対象年齢を義務づけ範囲より拡大。三菱電機なども独自の健康増進策を導入する。2013年度から健康増進の成果に応じて企業の健康保険組合から国に払う拠出金が増減する仕組みが導入されることもあり、各社は積極的な対策により社員の健康維持と自社の負担軽減を狙う。
 国の医療制度改革により、健保組合は4月からメタボ予防に向け社員に対する特定健診と特定保健指導の実施を義務づけられる。
 【関連記事】「メタボ指導できぬ46% 扶養家族分「保健師不足」 2007/12/18 asahi.com」 / 「「まずメタボ」 がん検診後回し 2007/11/19 YOMIURI ONLINE」 / 「メタボ健診に補助金・厚労省、健保組合向け 2007/ 8/26 NIKKEI NET」 / 「メタボ健診 5割「診察必要」…5万人調査 2007/ 8/25 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・「税方式」柱に提言 自民の考える会(20080226) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度・社会保障費の自然増、首相「抑制、限界ある」(20080226) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/40286336

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働安全衛生法 > 健康診断・社員のメタボ健診充実、NEC・トヨタなど (20080226):

» 健康診断とは [健康診断の料金 相場]
健康診断は、心身の異常にかかわらず、疾患の予防や早期発見のために健康であるかどうかを医師が診断すること。治療よりも予防のほうが大切という現… [続きを読む]

受信: 2008.03.09 15:22

« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革・「税方式」柱に提言 自民の考える会(20080226) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度・社会保障費の自然増、首相「抑制、限界ある」(20080226) »