« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・人口動態統計、年間出生数再び減少、1341人減(20080221) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・出向名目の違法人材派遣、大阪初芝学園に労働局が是正指導(20080221) »

2008.02.21

【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定・グッドウィルが労災隠し 骨折後も労働を強要か(20080221)

グッドウィルが労災隠し 骨折後も労働を強要か 2008/ 2/21 asahi.com

 日雇い派遣大手グッドウィルが、昨年12月に宮崎県都城市で起きた労災事故を労働基準監督署に適切に報告しない「労災隠し」をしていたことがわかった。事故にあった派遣労働者の男性(29)は指の骨が折れる大けがだったが、会社側から労災を隠すよう強要されたと訴えており、都城労基署が調査を始めた。
 男性は昨年12月17日、日本通運の作業現場に派遣され、荷下ろしでコンテナの扉を閉める際に左手薬指を金具に挟み、病院で骨折と診断された。男性によると、グッドウィルの従業員に「労災は使わせない。仕事はできるだろう」といわれ、無理に働かされたという。
 2月にけがが悪化し働けなくなったため、都城労基署に申告した。労働安全衛生法では、労災事故は定期的またはすみやかに届け出る必要があり、意図的に報告しなければ50万円以下の罰金。グッドウィルは今月18日に労基署に報告したが、男性は「会社側は労災隠しの事実を認めようとしない」として労基署に刑事処罰を求めるという。
 グッドウィルでは昨年2月、東京都内での違法派遣で労災事故があり、労基署への報告も不適切だったと発覚。全事業所が2カ月間の事業停止命令を受けた。同社は「今回の労災事故対応については明らかに不適切で反省している」として、関係者を処分する方針だ。
 派遣先の日本通運も「安全管理の責任者が現場におらず、グッドウィルから報告もなかったため労災に気づかなかった」と認めている。
 【関連記事】「竹中工務店が労災隠し、作業員の重傷報告せず 2007/12/19 YOMIURI ONLINE」 / 「竹中工務店で労災隠し、作業所長が下請けに指示…大阪 2007/12/ 1 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・人口動態統計、年間出生数再び減少、1341人減(20080221) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・出向名目の違法人材派遣、大阪初芝学園に労働局が是正指導(20080221) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/40203503

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定・グッドウィルが労災隠し 骨折後も労働を強要か(20080221):

» 労災とりまとめ [労災まとめさいと]
労災のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2008.02.24 01:01

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策・人口動態統計、年間出生数再び減少、1341人減(20080221) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 労働者派遣法・出向名目の違法人材派遣、大阪初芝学園に労働局が是正指導(20080221) »